マルチチャネル

ラスト クリックだけでなく、マーケティング チャネルがどのように連携して売り上げやコンバージョンにつながっているのかを確認できます。

概要

情報収集、比較、購入の意思決定を行うタイミングや場所は顧客によって異なります。そのため、ラスト クリックだけを基に成果を測定しても実態を完全には把握できず、最もアピールしたい顧客にリーチするために必要となる重要なデータが得られない可能性があります。

Google アナリティクスのマルチチャネル レポートでは、異なるデジタル メディア間の相互作用に焦点を当て、これらのチャネルがどのように連動して販売やコンバージョンが生まれているのかを把握できます。さらに、広告への投資に関する重要なマーケティング上の意志決定を、ミクロ単位(キーワードと広告プレースメントなど)でもマクロ単位(チャネル)でも行うことができます。

仕組み

5 種類のマルチチャネル レポートで、ユーザーがコンバージョンや購入に至るまでの 30 日間にどのチャネルに接触したかを確認できます。レポートで提供される重要な指標には次のようなものがあります。

  • アシスト コンバージョン: さまざまなチャネルがいつ、どのようにコンバージョンに影響したかを把握できます。
  • 所要時間: コンバージョンまでの時間を把握できます。
  • 経路の数: コンバージョンに達するまでのユーザー操作の回数が表示されます。
  • コンバージョン経路: ユーザーがコンバージョンに到達するまでにたどった経路が表示されます。

マルチチャネルのメリット

  • すべてのデジタル マーケティング チャネルを 1 か所で確認できます
  • マーケティング活動の成果をより詳しく把握できます
  • ユーザーが購入またはコンバージョンに至るまでの経路を完全に把握できます
  • チャネルの掲載結果に基づいてマーケティング効果を高めることができます
  • デジタル マーケティングの予算を適切に設定できます

成功事例

ONYX HOSPITALITY GROUP

「今ではマルチチャネル機能のおかげで、すべてのチャネルについてユーザーがサイトにアクセスしてコンバージョンを達成した経路を把握できるようになり、ラスト クリックの発生したチャネルだけでなく、コンバージョンに関わったすべてのチャネルとステップを確認して、あらゆるオンライン マーケティング活動の貢献度を分析できるようになりました。」