Search Images Maps Play YouTube News Gmail Drive More »
Sign in
Screen reader users: click this link for accessible mode. Accessible mode has the same essential features but works better with your reader.

Patents

  1. Advanced Patent Search
Publication numberWO2011099523 A1
Publication typeApplication
Application numberPCT/JP2011/052757
Publication dateAug 18, 2011
Filing dateFeb 9, 2011
Priority dateFeb 10, 2010
Publication numberPCT/2011/52757, PCT/JP/11/052757, PCT/JP/11/52757, PCT/JP/2011/052757, PCT/JP/2011/52757, PCT/JP11/052757, PCT/JP11/52757, PCT/JP11052757, PCT/JP1152757, PCT/JP2011/052757, PCT/JP2011/52757, PCT/JP2011052757, PCT/JP201152757, WO 2011/099523 A1, WO 2011099523 A1, WO 2011099523A1, WO-A1-2011099523, WO2011/099523A1, WO2011099523 A1, WO2011099523A1
InventorsYutaka Nishigori, 西郡 豊, Toshiyuki Tamura, 田村 利之, Gottfried Punz, ゴットフリッド プンツ
ApplicantNec Corporation, 日本電気株式会社, Nec Europe Ltd., エヌイーシー ヨーロッパ リミテッド
Export CitationBiBTeX, EndNote, RefMan
External Links: Patentscope, Espacenet
Pcrf, fault recovery method, and system
WO 2011099523 A1
Abstract
When a service is temporally stopped due to a PCRF fault, a PCRF session can be recovered without causing any influence on a bearer. The PCRF transmits PCC session information to a PCRF client (SGW/PGW) (3), and the PCRF client (SGW/PGW) retains the PCC session information (4). When the PCRF is restarted (5), the PCRF client detects the restart (6) and transmits the PCC session information through a session recovery request message to the PCRF (7), and the PCRF recovers the PCC session information (8).
Images(15)
Previous page
Next page
Claims(16)  translated from Japanese
  1. PCRF(Policy and Charging Rules Function)ノードが、PCC(Policy and Charging Control)セッション情報を少なくとも1つのPCRFクライアントノードに送信し、 PCRF (Policy and Charging Rules Function) nodes, PCC (Policy and Charging Control) sends session information to at least one of the PCRF the client node,
    前記PCRFクライアントノードは前記PCCセッション情報を保持し、 The PCRF client node holding the PCC session information,
    前記PCRFノードで再開発生後、前記PCRFクライアントノードは、前記PCCセッション情報を前記PCRFノードへ送信し、 After resumption occurs in the PCRF node, the PCRF client node sends the PCC session information to the PCRF node,
    前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードからの前記PCCセッション情報に受信しPCCセッションの復旧を行う、ことを特徴とするネットワークシステム。 The PCRF network system node, to which the PCRF receives the PCC session information from the client node to perform the recovery of the PCC session, characterized in that.
  2. 前記PCRFクライアントノードは、端末からのアタッチ手順に対応して前記PCRFクライアントノードが前記PCRFノードに対して送信するリクエストメッセージに、前記PCRFクライアントノードがセッション情報復旧機能を具備していることを設定する、ことを特徴とする請求項1記載のネットワークシステム。 The PCRF client node, the request message to the PCRF the client node in response to the attach procedure from terminal transmits to the PCRF node sets that the PCRF client node is provided with a session information recovery capabilities The network system according to claim 1, characterized in that.
  3. 前記PCRFクライアントノードから前記リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードに対して、前記PCCセッション情報を、前記リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする請求項2記載のネットワークシステム。 The PCRF the PCRF node from the client node has received the request message, claims wherein the PCRF to the client node, the PCC session information, and transmits the added to the answer message to the request message, it is characterized in 2 wherein the network system.
  4. 前記PCRFノードの再開の後、前記PCRFクライアントノードは、1つのメッセージに、複数の前記PCCセッション情報を含めて前記PCRFノードに送信する、ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 After the resumption of the PCRF node, the PCRF client node, a single message, the plurality of PCC, including session information to be sent to the PCRF node, any one of claims 1 to 3, characterized in that The network system according to.
  5. 前記PCRFノードは、優先的に復旧対象とされるセッションに対応するPCRFクライアントノードに対してPCCセッション情報を送信する、ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The PCRF node network system according to any one of claims 1 to 4 and sends the PCC session information to the PCRF the client node that corresponds to the session that is preferentially recovery target, it is characterized in .
  6. 前記PCRFクライアントノードから前記リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、 The PCRF node receiving the request message from the PCRF client node,
    加入者情報を管理するサーバから、前記アタッチ要求を行った端末の加入者プロファイル情報を取得して、前記端末の加入者が優先ユーザであるか否かを判定し、 From a server that manages subscriber information, the attach request retrieves the subscriber profile information of the terminal that made the subscriber of the terminal determines whether a priority user,
    前記優先ユーザである場合、前記PCRFクライアントノードに対して、前記PCCセッション情報を、前記リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信し、 If the above is a priority user, to the PCRF the client node, the PCC session information, is transmitted by adding the answer message to the request message,
    前記優先ユーザでない場合には、前記PCRFクライアントノードに対して、前記PCCセッション情報を送信しない、ことを特徴とする請求項2記載のネットワークシステム。 The said case non-preferred user, the PCRF to the client node does not transmit the PCC session information, and a network system according to claim 2, characterized in that.
  7. 前記PCCセッション情報を保持し、前記PCRFにPCCセッション情報を送信する前記PCRFクライアントノードは、 And holding the PCC session information, the PCRF client node sending a PCC session information to the PCRF, the
    PCEF(Policy and Charging Enforcement Function)を有するノードであるパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)、 PCEF (Policy and Charging Enforcement Function) is a node having a packet data network gateway (PGW),
    BBERF(Bearer Binding and Event Reporting Function)を有するノードであるサービング・ゲートウェイ(SGW)、 BBERF (Bearer Binding and Event Reporting Function) is a node with a serving gateway (SGW),
    AF(Application Function)を有するノードであるアプリケーション・ファンクションノード の各ノードのうちの少なくとも1つを含む、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 AF The network system according to any one of claims 1 to 6 (Application Function) comprises at least one of the nodes of the application function node is a node having it is characterized.
  8. 前記PCRFクライアントノードは、PCEF(Policy and Charging Enforcement Function)を有するノードであるパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)を含み、 The PCRF client node includes a PCEF (Policy and Charging Enforcement Function) is a node having a packet data network gateway (PGW),
    端末(UE)からのアタッチ要求に対応して、モビリティ管理エンティティティ(MME)からのセッション作成リクエストメッセージを、サービング・ゲートウェイ(SGW)経由で受けたパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)が、前記PCRFノードに対して送信するクレジット・コントロール・リクエストメッセージに、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)がセッション情報復旧機能を具備していることを設定し、 In response to the attach request from the terminal (UE), a session creation request message from a mobility management entity tee (MME), serving gateway (SGW) packet data network gateway received via (PGW) is, the credit control request message to be sent to the PCRF node, the packet data network gateway (PGW) is set that comprises a session information recovery capabilities,
    前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)から前記クレジット・コントロール・リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)に対して、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)規則を含むPCCセッション情報を、前記コントロール・リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The PCRF node receiving said credit control request message from the packet data network gateway (PGW) is to the packet data network gateway (PGW), QoS (Quality Of Service) and charging (Charging) In a network system according to any one of claims 1 to 5 the PCC session information, and transmits the added to the answer message to the control request message, it is characterized by containing the rules.
  9. 前記PCRFクライアントノードは、AF(Application Function)を有するアプリケーション・ファンクションを含み、 The PCRF client node includes an application function with the AF (Application Function),
    ベアラ確立後の所定のトリガが、前記アプリケーション・ファンクションノードに発生すると、前記アプリケーション・ファンクションノードは、前記アプリケーション・ファンクションノードが前記PCRFノードに対して送信する認証/認可(Authentication/Authorization)リクエストメッセージに、前記アプリケーション・ファンクションノードがセッション情報復旧機能を具備していることを設定し、 Predetermined trigger after bearer establishment, and generated in the application function node, the application function node, the authentication / authorization (Authentication / Authorization) request message to the application function node sends to the PCRF node the application function node is set that comprises a session information recovery capabilities,
    前記アプリケーション・ファンクションノードから前記認証/認可リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記アプリケーション・ファンクションノードに対して、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)規則を含むPCCセッション情報を、前記認証/認可リクエストメッセージに対する認証/認可アンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The PCRF node that has received the authentication / authorization request message from the application function node to said application function node, the PCC session information including a QoS (Quality Of Service) and charging (Charging) rules, wherein the authentication / The network system according to any one of claims 1 to 5 is transmitted by adding the authentication / authorization answer message, it is characterized for authorization request message.
  10. 前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードに送信するリクエストメッセージに、専用ベアラの救済の真偽を指定する救済フラグを設定し、 The PCRF node, the request message to be transmitted to the PCRF client node, set the relief flag that specifies the authenticity of relief of dedicated bearer,
    前記PCRFノードの再開後、前記PCRFノードは、 After resumption of the PCRF node, the PCRF node,
    前記PCRFクライアントノードに保持されるPCCセッション情報を受けとり、 The PCC receives the session information held in the PCRF client node,
    再開した前記PCRFノードに関連するセッションのうち、デフォルトベアラと、前記救済フラグが真に設定されている専用ベアラのセッション情報を復旧し、 Among the sessions associated with the resumption was the PCRF node, it recovers the default bearer, the session information of the dedicated bearer to the rescue flag is set to true,
    救済フラグが偽に設定されている専用ベアラに対して切断処理を起動する、ことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The network system according to any one of claims 1 to 5 rescue flag to start the cutting process on the dedicated bearer is set to false, it is characterized.
  11. 前記PCRFクライアントノードは、前記PCRFノードの再開を検出すると、前記PCRFノードへのリクエストメッセージに、前記PCCセッション情報を付加して送信する、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The PCRF client node, wherein upon detecting the resumption of the PCRF node, wherein the request message to a PCRF node, any one of claims 1 to 6 wherein the PCC is transmitted by adding the session information, characterized in that the The network system according to.
  12. 前記PCRFクライアントノードと、前記PCRFノードとの間に、ルーティングの管理を行うルーティング部を備え、 With the PCRF the client node, between the PCRF node, and a routing unit for managing the routing,
    前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を、前記ルーティング部を介して前記PCRFクライアントノードに送信し、 The PCRF node sends the PCC session information, the PCRF client node via said routing unit,
    前記ルーティング部は、前記PCRFノードの再開を検出すると、前記PCRFクライアントノードに通知し、 The routing unit, when detecting the resumption of the PCRF node notifies the PCRF client node,
    前記PCRFクライアントノードは、前記ルーティング部からの前記PCRFノードの再開の通知に応答して、前記PCCセッション情報を付加したメッセージを、前記ルーティン部を介して、前記再開の発生した前記PCRFノードに送信する、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The PCRF client node, in response to resumption of notification of the PCRF node from the routing unit sends a message by adding the PCC session information, via the routine part, the PCRF node that generated the resumption and, the network system according to any one of claims 1 to 6, characterized in that.
  13. 前記PCRFクライアントノードと、前記PCRFノード及び少なくとも1つの他のPCRFノードとの間に、ルーティングの管理を行うルーティング部を備え、 With the PCRF the client node, between the PCRF node and at least one other of the PCRF node, and a routing unit for managing the routing,
    前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を、前記ルーティング部を介して前記PCRFクライアントノードに送信し、 The PCRF node sends the PCC session information, the PCRF client node via said routing unit,
    前記ルーティング部は、前記PCRFノードの再開を検出すると、前記PCRFクライアントノードに通知し、 The routing unit, when detecting the resumption of the PCRF node notifies the PCRF client node,
    前記PCRFクライアントノードは、前記ルーティング部からの前記PCRFノードの再開の通知に応答して、前記PCCセッション情報を付加したメッセージを前記ルーティング部に送信し、 The PCRF client node, in response to the notification of the resumption the PCRF node from the routing unit, sends a message added with the PCC session information to the routing unit,
    前記ルーティン部は、前記PCRFクライアントノードから送信された前記PCCセッション情報を付加したメッセージを、前記再開の発生した前記PCRFノードとは異なる前記他のPCRFノードに転送し、 The routine unit, a message obtained by adding the PCC session information transmitted from the PCRF the client node, to forward to a different said other PCRF nodes and generated the PCRF nodes of the resumption,
    前記他のPCRFノードがPCCセッションを復旧する、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載のネットワークシステム。 The network system according to any one of claims 1 to 6 wherein the other of the PCRF nodes to recover PCC session, it is characterized.
  14. PCRF(Policy and Charging Rules Function)ノードとして機能する装置であって、 PCRF A device that functions as a (Policy and Charging Rules Function) node,
    PCC(Policy and Charging Control)セッション情報を少なくとも1つのPCRFクライアントに送信し、 PCC (Policy and Charging Control) sends a session information to at least one of the PCRF client,
    再開発生後、前記PCRFクライアントから前記PCCセッション情報を受信しPCCセッションの復旧を行う、ことを特徴とするPCRFノード装置。 After resumption occurs, it receives the PCC session information from the PCRF client to perform the recovery PCC session, PCRF node and wherein the.
  15. PCRF(Policy and Charging Rules Function)ノードがPCCセッション情報を含むPCRF関連情報を透過的な形式にて他のノードである1つ又は複数のPCRFクライアントノードに配信する、ことを特徴とする復旧方法。 PCRF (Policy and Charging Rules Function) recovery method a node for delivery to one or more of the PCRF the client node is another node in transparent form the PCRF related information including the PCC session information, which it is characterized.
  16. 前記PCRFクライアントは前記PCCセッション情報を保持し、 The PCRF client holds the PCC session information,
    前記PCRFノードの再開後、前記PCRFクライアントノードは前記PCCセッション情報を前記PCRFノードに返し、 After resumption of the PCRF node, the PCRF client node returns the PCC session information to the PCRF node,
    前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を受けPCCセッション情報の復旧を行う、ことを特徴とする請求項15記載の復旧方法。 The PCRF node performs recovery of the PCC receives the session information PCC session information, the method of recovery according to claim 15, wherein the.
Description  translated from Japanese
PCRFと障害復旧方法とシステム PCRF and disaster recovery method and system

[関連出願についての記載] [The description of the related application]
本発明は、日本国特許出願:特願2010-028189号(2010年2月10日出願)の優先権主張に基づくものであり、同出願の全記載内容は引用をもって本書に組み込み記載されているものとする。 The present invention, Japanese Patent Application: is based on the priority claim of Japanese Patent Application No. 2010-028189 (February 10, 2010 application), all the description of the same application are described built-in to this book with a quote I the thing.
本発明は通信システムに関し、特にPCRFとその障害復旧方法とシステムに関する。 The present invention relates to communication systems, particularly PCRF and Its failure recovery method and system.

SAE(System Architecture Evolution)/EPC(Evolved Packet Core)は3G(Third Generation:第3世代携帯電話通信方式)等の既存無線システムとLTE(Long Term Evolution)等の新しいシステムを1つのネットワークに収容するネットワーク・アーキテクチャである。 SAE (System Architecture Evolution) / EPC (Evolved Packet Core) is 3G: to accommodate the new system, such as the existing radio systems and LTE of (Third Generation third-generation mobile phone communication system), etc. (Long Term Evolution) to one of the network It is a network architecture. EPCネットワークに関連する略語のうち本明細書で用いられるいくつかを以下に例示する。 It illustrates some used herein among the abbreviations relating to the EPC network below.

eNodeB(eNB): evolved NodeB; eNodeB (eNB): evolved NodeB;
HSS: Home Subscribe Server; HSS: Home Subscribe Server;
MME: Mobility Management Entity; MME: Mobility Management Entity;
UMTS(Universal Mobile Telecommunicatons System); UMTS (Universal Mobile Telecommunicatons System);
NodeB:BTS(Base Transceiver Station) NodeB: BTS (Base Transceiver Station)
PGW(P-GWあるいはPDN-GW): Packet Data Network Gateway; PGW (P-GW or the PDN-GW): Packet Data Network Gateway;
RNC:Radio Network Controller; RNC: Radio Network Controller;
SGW(S-GW): Serving Gateway; SGW (S-GW): Serving Gateway;
SGSN: Serving GPRS(General Packet Radio Service) Support Node; SGSN: Serving GPRS (General Packet Radio Service) Support Node;

PCC(Policy and Charging Control)アーキテクチャに関連する略語のうち本明細書で用いられるいくつかを例示する(非特許文献1等参照)。 PCC (Policy and Charging Control) some exemplifying used herein among the abbreviations relating to the architecture (see Non-Patent Document 1 and the like).

AF: Application Function; AF: Application Function;
BBERF: Bearer Binding and Event Reporting Function; BBERF: Bearer Binding and Event Reporting Function;
DRA: Diameter Routing Agent; DRA: Diameter Routing Agent;
IP-CAN: IP Connectivity Access Network; IP-CAN: IP Connectivity Access Network;
OCS: Online Charging System; OCS: Online Charging System;
PCEF: Policy and Charging Enforcement Function; PCEF: Policy and Charging Enforcement Function;
PCRF: Policy and Charging Rules Function; PCRF: Policy and Charging Rules Function;

LTE及び3GPP(3rd Generation Partnership Project)等無線アクセスを収容したEPCネットワークは、例えば図1に示すように、無線アクセスに依存しないコアネットワークを構成するSGW、PGW、PCRFと、LTE無線アクセス収容網を構成するMME、eNodeB等を備えている。 LTE and 3GPP (3rd Generation Partnership Project) or the like EPC network accommodating the wireless access, as shown in FIG. 1, for example, SGW constituting a core network that does not depend on radio access, PGW, a PCRF, the LTE radio access accommodate network MME that make up, it's a eNodeB, etc.. これらの各ノードについて以下に概説しておく。 It should be outlined below for each of these nodes.

PGWは、図1に示すように、サービスネットワーク(Web閲覧サービスやIMS(IP Multimedia Subsystem)等の外部パケットネットワーク)へのUE(User Equipment)の接続を行う。 PGW, as shown in Figure 1, for connecting the service network to the UE (Web browsing service and IMS (IP Multimedia Subsystem) such as an external packet network) (User Equipment). またPGWは、PCRFでルールが決定されたポリシーの適用、課金、パケットフィルタリング等を行う。 The PGW, the application of the policy in which the rules are determined by the PCRF, billing, performs packet filtering, etc..

SGWは、LTEおよび3GPP無線を収容しユーザデータを伝送し、LTEと3GPP無線アクセス収容網のユーザデータ転送経路を切り替え、ルーティングを行う。 SGW accommodates the LTE and 3GPP radio transmits a user data, to switch the user data transfer path for LTE and 3GPP radio access networks accommodating, performs routing. SGWは、UEのeNodeB間でのハンドオーバー中のユーザープレーンのモビリティ・アンカーとして機能する。 SGW serves as a mobility anchor of the user plane during a handover between the UE of eNodeB. また、SGWは、UEのコンテキスト(IPベアラサービスのパラメータやネットワーク内部のルーティング情報)を記憶管理する。 In addition, SGW stores manage the UE of context (IP bearer service parameters and routing information of the internal network).

MMEは、LTE無線アクセスにおける端末の移動管理、認証、SGWとeNodeB間におけるユーザデータ転送経路の設定を担う。 MME, the mobile management of the terminal in the LTE radio access, authentication, responsible for the setting of user data transfer path between SGW and the eNodeB. アイドルモードのUEのトラッキング、ページング、ベアラ(eNodeB、SGW/PGW間等の論理的なパケット伝達経路)のアクティベート/ディアクティベートプロセス(オーソライズプロセス)に関わり、UEのLTE内ハンドオーバー時にSGWの選択を行う。 Idle mode UE tracking, paging, bearer involved in (eNodeB, SGW / logical packet transmission path such as between PGW) of activation / deactivation process (authorization process), the selection of SGW at the time of intra-LTE handover of UE do. また、MMEはHSSとともにユーザ認証を行う。 In addition, MME to perform user authentication with HSS.

EPCのネットワーク構成上、UE(User Equipment)の通信に影響のあるパス(ベアラ)の管理は、UE、MME、SGW(BBERF)、PGW(PCEF)が行っている。 On the network configuration of the EPC, management of the UE (User Equipment) path that affect communication (bearer) is, UE, MME, SGW (BBERF), PGW (PCEF) is doing.

PCRFは、図1に示すように、BBERF(SGW)、PCEF(PGW)と、セッション情報を保持する。 The PCRF, as shown in FIG. 1, BBERF (SGW), a PCEF (PGW), holds the session information. PCRFとPCEF/BBERF間のインタフェース(図1のPCRF/PGW間セッションパス、及び、PCRF/SGW間セッションパス)には、DIAMETERプロトコル(IETF(The Internet Engineering Task Force) RFC(Request For Comments) RFC 3588)が用いられる。 PCRF and PCEF / BBERF between the interface of (PCRF / PGW between sessions path in FIG. 1, and, PCRF / SGW between sessions path) to, DIAMETER protocol (IETF (The Internet Engineering Task Force) RFC (Request For Comments) RFC 3588 ) is used.

PCRFは、ポリシー、及び課金ルール機能を遂行し、PGW、SGWにおいて適用されるQoS(パケットの優先転送等、通信品質の制御)等のポリシー制御、課金制御ルールを決定する。 The PCRF, and performs policy and charging rules function, PGW, (priority transfer and the like of a packet, control of the communication quality) applicable QoS in SGW policy control such as to determine the charging control rule. PCCの詳細は非特許文献1等が参照される。 PCC details are referenced non-patent document 1 and the like.

EPCネットワークでは、PCRF障害の一時的なサービス停止は、多くの場合、パス(ベアラ:SGWやeNODEB間の論理的なパケット伝達経路)に与える影響を回避することが可能である。 The EPC network, a temporary outage of the PCRF disorders are often the path: It is possible to avoid (bearer logical packet transmission paths between the SGW and eNODEB) impact on. しかしながら、PCCセッション情報が失われることにより、QoS、及び課金に関わるサービス提供が行えなくなる。 However, by PCC session information is lost, it can not be performed QoS, and provide services related to billing. ここで、PCCセッションとは、IP-CANセッション、ゲートウェイコントロールセッション、AFセッションおよび関連情報を意味する。 Here, the PCC session, it means IP-CAN session, gateway control session, the AF session and related information. ただし、本明細書では、特定のセッション(例えばゲートウェイコントロールセッション等)のみを指す場合であっても、PCCセッションという場合がある。 However, in the present specification, even when referring to only a specific session (eg gateway control session, etc.) it may be referred to PCC session.

したがって、PCRFの一時的なサービス停止でPCCセッション情報が失れた場合、パス(ベアラ)を一旦解放し、パス(ベアラ)を張り直すことにより、PCCセッションを新たに生成する必要がある。 Therefore, if the PCC session information in a temporary outage of the PCRF is lost, temporarily releases the path (bearer), by re-tension the path (bearer), it is necessary to newly generate the PCC session. 後の説明で参照される図4に示すように、PCRF再開(PCCセッション情報喪失を伴う)時、PGWがPCRF再開を検出すると、ベアラの削除、及びUEのデタッチ処理が行われ、ベアラ解放後に再度アタッチが行われ、ベアラの張り直しが行われる。 As shown in Figure 4, which is referred to in the following description, when the PCRF Resume (PCC with the session information loss), the PGW detects the PCRF resume, delete bearer, and detach procedure in the UE is performed, after bearer release Again attach is performed, again tension bearer is performed. この結果、本来、パス(ベアラ)自体には影響を与えないはずのPCRFの一時的なサービス停止が、パス(ベアラ)の切断・再接続という形で、影響を与えることになる。 As a result, the original, path (bearer) temporary service outage of PCRF that it should not affect the itself, in the form of cutting and re-connection of the path (bearer), I will be an impact.

なお、PCRF障害、再開については例えば非特許文献2等が参照される。 It should be noted, PCRF disorder, is referred to, for example, Non-Patent Document 2 and the like for the resumption. 非特許文献2にはいくつかの解法(solution)が提案されている。 Of Non-Patent Document 2 Several solutions (solution) have been proposed. 非特許文献2の記載事項に基づき、各解法を以下に概説する。 Based on the non-patent document 2 described matters, it is outlined the solution below. なお、これらの解法はいずれも最終的なものでなく、現時点で実現可能性等について広く検討が行われていることを付言しておく。 Note that these solutions are not intended any final, it should be additional remark that studies have been widely conducted for the feasibility and the like at present.

(解法1) (Solution 1)
PCRFの障害に対して、DRAにより、別のPCRFへリダイレクトする。 For the failure of the PCRF, by the DRA, it redirects to another PCRF. PCRFクライアント(PGW等)がPCRF1と接続確立ができないことを検出すると、PCRF障害を示すDIAMETER要求メッセージをDRAに送る。 When PCRF client (PGW, etc.) detects the inability to connection establishment and PCRF1, sending a DIAMETER request message indicating the PCRF failure DRA. DRAは新しいPCRF2を選択しクライアントにリダイレクト応答を送る。 DRA send a redirect response to the client to select a new PCRF2.

(解法2) (Solution 2)
単一のPCRFにおいて、PCRFクライアントはウオッチドッグ要求メッセージを送信することでPCRFに障害がないかモニタする。 In a single PCRF, PCRF client to monitor whether there is a failure to the PCRF by sending a watchdog request message. PCRF障害検出時のセッションの扱いは実装固有である。 Handling of session at the time of PCRF fault detection is implementation-specific. PCRFの再スタート時、PCCセッション情報が不明であるため、PCCセッション情報の再構築が行われる。 When re-start of the PCRF, for PCC session information is not known, reconstruction of PCC session information. PCCセッション情報の再構築は例えば下記の解法5又は6にしたがって行われる。 Reconstruction of PCC session information is carried out for example in accordance with solution 5 or 6 below.

(解法3) (Solution 3)
PCEF、BBERFが位置するゲートウェイのベアラセッションとAFのアプリケーションセッションを監視し、タイマ(grace time)を用いた制御を行い、下記(解法4)に従ってサービスの終了を行う。 PCEF, BBERF monitors the bearer sessions and AF application sessions gateway that position, and performs control using a timer (grace time), and performs the termination of the service according to the following (solution 4).

(解法4) (Solution 4)
PCRF障害検出時、PCRF障害又はPCRFに到達できないために、PCRF制御が要求されるが実行できない全てのベアラとアプリケーションセッションに対するPCRFクライアント上での停止(tear down)を実行する。 PCRF fault detection at the time, in order to not reach the PCRF failure or PCRF, to run the stop on the PCRF client for all bearer and application sessions that can not be the execution PCRF control is required (tear down). PCEFを実現するネットワークノードであるPGWでPCRF障害検出時、PGW起動のベアラの非活性化手続きを開始する。 When PCRF fault detection in PGW is a network node that implements the PCEF, to start the deactivation procedure of PGW start of the bearer. 非ローミングの場合、BBERFを実現するネットワークノードであるSGWでPCRF障害を検出時、SGW起動のベアラの非活性化手続きを開始する。 In the case of non-roaming, upon detection of the PCRF failure SGW is a network node that implements the BBERF, I want to start a non-activation procedure of SGW start of the bearer. AFを実現するネットワークノードであるP-CSCF(Proxy Call Session Control Function:SIPプロキシサーバ)などでPCRF障害検出時、AF起動ベアラ非活性化手続きを開始する。 P-CSCF is a network node that implements the AF (Proxy Call Session Control Function: SIP proxy server) during the PCRF fault detection, etc., to start the AF start-up bearer deactivation procedure.

(解法5) (Solution 5)
PCRFの障害により、PCRFがセッション情報を失ったとき、PCRFとPCRFクライアント間でベアラとAFセッションについてPCCルールの再同期化を行う。 Due to a failure of the PCRF, when the PCRF has lost the session information, it does resynchronization for bearer and AF session of PCC rules between the PCRF and the PCRF client. この場合、PCRFは、セッションを持った全てのクライアントの情報を不揮発性メモリに記憶する必要がある。 In this case, PCRF, it is necessary to store all of the client information with a session in the non-volatile memory. PCCセッション状態は、障害PCRF又は代替PCRF上で復旧される。 PCC session state, is restored on the failure PCRF or alternative PCRF. 障害PCRFノード又はマニュアル設定又はTMN(Telecommunication Manual network)等のトリガーリングエンティティからの復旧要求を受けたPCRFクライアントは、復旧のためのシグナリングのスケジューリングを行い、ベアラ又はAFセッションデータを含む要求(CC-セッション確立要求)をターゲットPCRFノードに送る。 PCRF client that received the restoration request from the triggering entity, such as a failure PCRF node or set manually or TMN (Telecommunication Manual network), performs scheduling signaling for a recovery request including the bearer or AF session data (CC- It sends a session establishment request) to the target PCRF node. PCRFノードはPCCセッションを確立し、PCRFクライアントにデータを送信する。 PCRF node establishes a PCC session, and transmits the data to the PCRF client. PCRFクライアントは、トリガーリングエンティティに復旧したセッションの確認(Confirmation)メッセージを送る。 PCRF client sends a confirmation of the session, which was restored to the triggering entity (Confirmation) message. PCRFクライアントからのターゲットPCRFノードへのCC-セッション確立要求の送信、ターゲットPCRFノードから応答を受信したPCRFクライアントによる確認(Confirmation)メッセージのトリガーリングエンティティへの送信を繰り返したのち、PCRFクライアントは最終確認をトリガーリングエンティティに送信する。 PCRF CC- transmission of session establishment request to a target PCRF node from a client, confirmation by PCRF client receiving a response from the target PCRF node (Confirmation) After repeating the transmission to the triggering entity message, PCRF client final confirmation It wants to send to the triggering entity.

(解法6) (Solution 6)
PCRFは、PCRFの関連するクライアント(PCRFクライアント)に再開を通知する。 PCRF notifies the resume to PCRF associated client of (PCRF client). クライアントはPCRFの障害、再スタート時におけるDIAMETERセッションのユーザID等を応答する。 The client responds with such as a user ID of DIAMETER session at the time of the failure, restart PCRF. PCRFはクライアントに再スタートを通知し、クライアントはPCRF障害、再スタート時にアクティブであったDIAMETERセッションのユーザID等の基本情報を、PCRFに送信する。 PCRF notifies the re-start to the client, the client PCRF failure, the basic information such as the user ID of DIAMETER session was active at the time of restart, and transmits it to the PCRF. PCEFは、IP-CANセッションの修正等のために、DIAMETER CC(Credit Control)-RequestのPCRFへの送信の必要性を認識し、PCRFへCC-Requsetを送信する。 PCEF is, for modification such as IP-CAN session, recognizing the need for transmission to the DIAMETER CC (Credit Control) -Request of PCRF, sends a CC-Requset to PCRF. PCEFは、PCRFが失われたセッション状態と情報を再構築するのに必要なDIAMETERセッション関連情報(ユーザID、IPアドレス、PCC/QoSルール等)を、PCRFへ送信する。 The PCEF, DIAMETER session related information required to reconstruct (User ID, IP address, PCC / QoS rules, etc.), and transmits to the PCRF session state information for PCRF is lost. PCRFは、PCEFからの情報に基づきGx DIAMETERセッションを再構築する。 PCRF is to rebuild the Gx DIAMETER session on the basis of the information from the PCEF. PCRFは、復旧要求(restoration request message)をユーザ識別情報パラメータ(ユーザID、IPアドレス)とともに関連するクライアント(AF/P-CSCF)に送信し、関連する失われたRx DIAMETERセッションを再構築するための情報を要求する。 The PCRF, restoration request (restoration request message) to send the user identification information parameters (user ID, IP address) to the client associated together (AF / P-CSCF), for reconstructing the Rx DIAMETER session lost relevant It will request the information. 復旧要求を受けたクライアント(AF/P-CSCF)は、障害と再スタートによりPCRFで失われたDIAMETER Rx セッションの関連情報(ユーザID、IPアドレス、セッション情報)を、復旧要求に対するACK(肯定応答)としてPCRFに送り、PCRFは、クライアント(AF/P-CSCF)からのセッション関連情報に基づき、失われたRx DIAMETERセッションを再構築する。 Client that received the recovery request (AF / P-CSCF), the failure and related information of DIAMETER Rx session that was lost in the PCRF by the re-start (user ID, IP address, session information), ACK (acknowledgment for the restoration request ) as a feed to the PCRF, PCRF, based on the session-related information from the client (AF / P-CSCF), reconstructs the Rx DIAMETER session lost. PCRFは、PCEFからのCC-Requestに対して、CC-Answerと関連パラメータ(例えばPCCルール)にて、オーソライズ応答を行う。 The PCRF, to CC-Request from the PCEF, at CC-Answer and associated parameters (for example PCC rules), perform an authorization response.

3GPP TS 23.203 V9.3.0 (2009-12) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Services and System Aspects; Policy and charging control architecture(Release 9)(4.1 General requirements、4.2 Charging related requirements、6.2 Functional entities、6.3 Policy and charging control rule) 3GPP TR 29.816 V0.3.0 (2009-11) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Core Network and Terminals; Study on PCRF failure and restoration (Release 9) (6. Solutions) 3GPP TS 23.401 V9.3.0 (2009-12) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Services and System Aspects; General Packet Radio Service (GPRS) enhancements for Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network (E-UTRAN) access (Release 9) 5.3.2 Attach procedure、5.3.8 Detach Procedure、5.4.1 Dedicated bearer activation 3GPP TS 23.203 V9.3.0 (2009-12) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Services and System Aspects; Policy and charging control architecture (Release 9) (4.1 General requirements, 4.2 Charging related requirements , 6.2 Functional entities, 6.3 Policy and charging control rule) 3GPP TR 29.816 V0.3.0 (2009-11) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Core Network and Terminals; Study on PCRF failure and restoration (Release 9) (6. Solutions) 3GPP TS 23.401 V9.3.0 (2009-12) 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Services and System Aspects; General Packet Radio Service (GPRS) enhancements for Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network (E-UTRAN) access (Release 9) 5.3.2 Attach procedure, 5.3.8 Detach Procedure, 5.4.1 Dedicated bearer activation

関連技術の分析を以下に与える。 It will give an analysis of the related art below.

EPCのネットワーク構成上、UEの通信に影響のあるパス(ベアラ)の管理はUE、MME、SGW(BBERF)、PGW(PCEF)が行っており、PCRFは、BBERF(SGW)、PCEF(PGW)とのPCCセッションを保持するのみである(図1)。 On the network configuration of the EPC, management of the path (bearer) that affect the communication of the UE UE, MME, SGW (BBERF), have been made PGW (PCEF) is, PCRF is, BBERF (SGW), PCEF (PGW) only to hold the PCC session with (Figure 1).

PCRFの一時的なサービス停止は、パス(ベアラ)に影響を与えることは無いが、PCCセッション情報が失われることにより、QoSに関わるサービス提供が行えなくなる。 Temporary outages of the PCRF, but it is not affecting the path (bearer), by the PCC session information is lost, it becomes impossible to perform the service providing related to QoS. このため、パス(ベアラ)を一旦解放し、パス(ベアラ)を張りなおすことにより、PCCセッションを新たに生成する必要がある。 Accordingly, once release the path (bearer), by re tension path (bearer), it is necessary to newly generate the PCC session. この結果、本来、パス(ベアラ)に影響を与えないPCRFの一時的なサービス停止が、パス(ベアラ)の切断・接続という形で影響を与えることになる、という問題がある。 Consequently, originally temporary outage of the PCRF that do not affect the path (bearer) is, so that the influence in the form of cutting and connection paths (bearers), there is a problem.

EPCにおいては、Always-On(常時接続)の原則から、常に、ベアラを保持しており、ベアラの切断は、デタッチを意味するため、ユーザビリティへの影響が大きい。 In the EPC, the principles of the Always-On (always connected), always holds the bearer, the cutting of the bearer, it means detach, a large impact on the usability.

一方で、PCRFは、ベアラを直接保持していない。 Meanwhile, PCRF does not hold the bearer directly. このため、PCRFの障害による一時的なサービス停止は、実際には、通信に影響を与えることは無い。 Therefore, the temporary service interruption by a failure PCRF, in fact, never affect the communication. しかしながら、PCRFとSGW/PGW間でのセッセッション情報の不一致は、TAアップデート(Tracking Area update)、ハンドオーバーやAFからの要求に基づく、専用ベアラ(dedicated bearer)確立処理が行えなくなる等の問題がある。 However, mismatch set session information between PCRF and SGW / PGW is, TA update (Tracking Area update), based on a request from the handover or AF, dedicated bearers (dedicated bearer) establishment process is such can not be performed problem It is there. このため、ベアラの張り直し(切断)・再接続)が必要とされる。 Therefore, re-tension bearer (cutting) and re-connection) is needed.

以下の説明からも明らかとされるように、本発明は、PCRF再開におけるPCCセッション情報の喪失に対して、非特許文献3に提案される解法1乃至6とは全く別のアプローチを提供するものである。 As is apparent from the following description, those invention for the loss of PCC session information in the PCRF resume, to provide an entirely different approach to the solution 1 to 6 are proposed in Non-Patent Document 3 It is.

本発明の目的は、PCRF障害の一時的なサービス停止の発生時に、ベアラに影響を与えることなく、PCCセッションを復旧可能としたシステム、方法、装置を提供することにある。 An object of the present invention is in the event of a temporary outage of the PCRF disorder without affecting the bearer, the system which enables recover PCC session, the method, to provide a device.

本発明によれば、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)ポリシーを管理するPCRFノードと、前記PCRFノードのクライアントをなす1つ又は複数のPCRFクライアントノードと、を含み、前記PCRFノードが、PCC(Policy and Charging Control)セッション情報を少なくとも1つの前記PCRFクライアントノードに送信し、前記PCRFノードから前記PCCセッション情報を受信した前記PCRFクライアントノードは前記PCCセッション情報を保持し、前記PCRF再開後、前記PCRFクライアントノードから前記PCRFノードへ前記PCCセッション情報を送信し、前記PCRFノードは前記PCRFクライアントノードから前記PCCセッション情報を受信しPCCセッションの復旧を行うネットワークシステムが提供される。 According to the present invention includes: a PCRF node that manages the QoS (Quality Of Service) and charging (Charging) policies, one or more of the PCRF the client node constituting a client of the PCRF node, the PCRF node, sending PCC to (Policy and Charging Control) session information on at least one of the PCRF client node, the PCRF client node receiving the PCC session information from the PCRF node holding the PCC session information, after the PCRF resumed, transmitting the PCC session information from the PCRF the client node to the PCRF node, the PCRF node network system for recovery of the PCC session receives the PCC session information from the PCRF the client node is provided. なお、特許請求の範囲及び本明細書において、「再開」、あるいは「PCRF再開」とは、障害によるサービスの停止、又は、保守等を理由とした意図的なサービス停止等により、PCRFの初期設定動作を行うことを表しており、再開の結果、PCRFとしての動作に必要なセッション情報を喪失する。 It should be noted that, in the claims and specification, the "resume", or "PCRF resume", stop the service by the failure, or by deliberate service stop and the like as the reason maintenance, etc., the initial setting of the PCRF this indicates that performing the operation, the result of the resumption, and a loss of session information necessary for the operation of the PCRF.

本発明によれば、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)ポリシーを管理するPCRF(Policy and Charging Rules Function)装置であって、PCC(Policy and Charging Control)セッション情報を少なくとも1つのPCRFクライアントに送信して、前記PCRFクライアントに前記PCCセッション情報を保持させ、 According to the present invention, QoS (Quality Of Service) and a charging (Charging) to manage the policy PCRF (Policy and Charging Rules Function) device, PCC the (Policy and Charging Control) session information to at least one of the PCRF client and it sends, to thereby hold the PCC session information to the PCRF client,
前記PCRFが再開すると、前記PCRFクライアントに保持されている前記PCCセッション情報を受信しPCCセッションの復旧を行うPCRF装置が提供される。 When the PCRF resumes, PCRF apparatus for performing recovery receiving the PCC session information stored in the PCRF client PCC session is provided.

本発明によれば、PCRF(Policy and Charging Rules Function)ノードがPCCセッション情報を含むPCRF関連情報を透過的(トランスペアレント)な形式にて他のノードである1つ又は複数のPCRFクライアントノードに配信する方法が提供される。 According to the present invention, PCRF (Policy and Charging Rules Function) node is distributed to one or more of the PCRF the client node and the other nodes in transparent (transparent) format PCRF related information including the PCC session information method is provided. 本発明の方法によれば、前記PCRFクライアントノードはPCCセッション情報を保持し、PCRF再開後、前記PCRFクライアントノードは前記PCCセッション情報を前記PCRFノードに返し、前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を受けPCCセッションデータの復旧を行う。 According to the method of the present invention, the PCRF client node holds a PCC session information, after PCRF resumed, the PCRF the client node returns the PCC session information to the PCRF node, the PCRF node, the PCC session information received it does restoration of PCC session data.

本発明によれば、PCRF障害の一時的なサービス停止の発生時に、ベアラに影響を与えることなく、PCCセッションを復旧可能としている。 According to the present invention, in the event of a temporary outage of the PCRF disorder without affecting the bearer, it is made possible recover PCC session.

EPCネットワークを説明する図である。 Is a diagram illustrating an EPC network. 本発明の第1の実施形態の構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a first embodiment of the present invention. 本発明におけるPCRF再開前後の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the front and rear PCRF resumption in the present invention. 比較例の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining an operation of a comparative example. 本発明の第1の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the first embodiment of the present invention. PCCセッション情報の一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the PCC session information. 本発明の第1の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the first embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the second embodiment of the present invention. 本発明の第3の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the third embodiment of the present invention. 本発明の第4の実施形態の構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a fourth embodiment of the present invention. 本発明の第4の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the fourth embodiment of the present invention. 本発明の第4の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the fourth embodiment of the present invention. 本発明の第5の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the fifth embodiment of the present invention. 本発明の第6の実施形態の構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a sixth embodiment of the present invention. 本発明の第6の実施形態の動作を説明する図である。 It is a diagram for explaining the operation of the sixth embodiment of the present invention.

はじめに本発明の態様(Modes)の諸原理を説明し、つづいて実施形態について説明する。 Introduction to explain the principles of embodiments of the present invention (Modes), followed by the embodiment will be described. 本発明において、PCRFがPCRFクライアントの少なくとも一つにPCCセッション情報を配布する。 In the present invention, PCRF to distribute the PCC session information to at least one of the PCRF client. PCRFが再開すると(PCCセッション情報は喪失)、PCRFクライアントから、PCRFへPCCセッション情報を送信し、PCCセッションの復旧を行う。 When the PCRF resumes (PCC session information loss), from PCRF client, it sends a PCC session information to the PCRF, to perform the restoration of the PCC session. すなわち、本発明の態様のコンセプトの1つによれば、PCCアーキテクチャ(EPCネットワーク)において、PCRFはPCRF関連情報を、他のノード、例えば、1つ又は複数のPCRFクライアントに透過的(トランスペアレント)な形式で、配信する。 That is, according to one of the concepts of embodiments of the present invention, the PCC architecture (EPC Network), PCRF to the PCRF associated information, the other nodes, for example, transparent to one or more PCRF clients (Transparent) in the form, it delivers. この結果、PCRFの障害発生後、PCCセッションの状態を素早く復旧させることができ、PCRFノード(複数)の完全なミラーリング等の労力・費用(Effort・COST)の発生を回避する。 As a result, after the occurrence failure of the PCRF, and can be quickly restored the status of the PCC session, to avoid the occurrence of the effort and expense of full mirroring, etc. of PCRF node (s) (Effort COST). PCCセッション情報コンテナ(PCC session information container:「PCCコンテナ」と略記される。あるいは「PCRFコンテナ」と称呼される場合もある)は、図6のような情報として定義されている。 PCC session information container (PCC session information container:. Abbreviated as "PCC container" or sometimes it is referred to as "PCRF container") has been defined as information such as in FIG. PCCセッション情報コンテナをPCRFから受信して記憶保持するPCRFクライアントは、PCCセッション情報コンテナの詳細な内容、内部構成を理解する必要はない。 PCRF client to hold receives and stores the PCC session information container from the PCRF, details of the PCC session information container, it is not necessary to understand the internal structure. すなわち、PCRFクライアントは、PCCセッション情報コンテナを解釈(デコード)しなくて済む。 In other words, PCRF client, does not have to interpret the PCC session information container (decode).

いくつかの態様において、複数のPCCセッションに関して、PCCセッション情報コンテナがPCRFクライント内のメモリを消費し、PCRFの復旧処理が長びくため、優先度の高いセッションにのみ、復旧機能(resilience function)を限定することも有益である。 In some embodiments, for a plurality of PCC session, PCC session information container consumes memory in the PCRF Kurainto, limited because the recovery process of the PCRF is prolonged, only to high-priority session, restoration function (resilience function) It is also beneficial to. いくつかの態様において、優先度の扱いは、例えばオペレータのポリシー等に基づき、PCRFで行われる。 In some embodiments, priority handling is, for example, based on operator policy, etc., are performed in PCRF. 例えばIMS(IP Multimedia Subsystem)関連セッションを優先、あるいはサブスクリプション(加入者情報)に基づき、セッションの優先度を決定するという具合である。 For example IMS (IP Multimedia Subsystem) Priority relevant session, or based on the subscription (subscriber information), and so that to determine the priority of the session. いくつかの態様において、PCRFは、明示的に復旧処理対象ではないセッションのPCRFクライアントには、PCCセッション情報コンテナを配布しない構成としてもよい。 In some embodiments, PCRF is the PCRF client not explicitly restoration processed session, may be configured to not distribute the PCC session information container. なお、いくつかの態様において、PCRFクライアントは最初のシグナリングでPCRFに能力情報の通知を行うようにしてもよい。 Note that in some embodiments, PCRF client may perform notification of capability information to the PCRF in the first signaling.

本発明のいくつかの態様においては、PCRFが、PCRFで保持するPCCセッション情報を、PCRFクライアントであるPCEF、又は、BBERF、又は、AFの少なくとも1つに退避させておき、PCRF再開時に、PCEF、又は、BBERF、又は、AFの少なくとも1つからPCCセッション情報を受け取り、PCCセッションを復旧させる構成としてもよい。 In some embodiments of the present invention, PCRF is, the PCC session information held in the PCRF, the PCRF client PCEF, or, BBERF, or allowed to retreat to at least one of the AF, the time PCRF resumed, PCEF or, BBERF, or receives the PCC session information from at least one of the AF, it may be configured to recover the PCC session. かかる構成により、PCRFが冗長構成であるか否かに依存することなく、EPC内のネットワークの信頼性を向上することができる。 This configuration, without the PCRF depends on whether the redundant configuration, it is possible to improve the network reliability in the EPC.

本発明のいくつかの態様においては、PCRF-PCEF/PCRF-BBERF間で、セッションの確立/更新時に、PCRFは、PCEF/BBERFにセッション情報を通知するようにしてもよい。 In some embodiments of the present invention, among the PCRF-PCEF / PCRF-BBERF, when establishing / updating a session, PCRF may be configured to notify the session information to the PCEF / BBERF.

本発明のいくつかの態様においては、PCRFが再開等により、PCRFでセッション情報を失った時に、PCEF/BBERFから、PCRFに対して、PCCセッション情報をプッシュする。 In some embodiments of the present invention, the PCRF is resumed and the like, when the lost session information PCRF, the PCEF / BBERF, for the PCRF, to push PCC session information. この結果、確立済みのセッションを解放すること無く、PCRFのセッションの復旧が行われる。 Consequently, without releasing the established session, the recovery of the PCRF session is performed.

本発明のいくつかの態様においては、PCRF-PCEF又はPCRF-BBERF間でセッション情報を復旧させることにより、UE-PCEF(PGW)間で確立済みのパス(ベアラ)に対して、PCRFの一時的なサービス停止が影響を与えることを回避可能としている。 In some embodiments of the present invention, by recovering the session information between PCRF-PCEF or PCRF-BBERF, UE-PCEF (PGW) established paths between relative (bearer), temporary PCRF service stop thereby enabling avoiding to affect such.

なお、いくつかの態様においては、PCRFのクライアント(周辺装置)(PCEF、BBERF、AFなど)に対して、PCCセッション情報を格納するための記憶装置の実装が必要である点、及び、PCRF再開後に処理を追加していることより、結果的に、PCRFの復旧時間に影響を与える(ネガティブファクター)ことも考えられる。 Note that in some embodiments, PCRF clients (peripherals) (PCEF, BBERF, AF, etc.) point with respect, it is necessary to implement a storage device for storing the PCC session information, and, PCRF resumption than to have to add a process later, as a result, affect the recovery time of the PCRF (negative factor) is also contemplated.

そこで、本発明の別のいくつかの態様では、加入者単位、更に、APN(Access Point Name)単位での適用を可能とすることで、サービス事業者に対して、本発明の上記利点と、PCRFの復旧時間に関する前記ネガティブファクターとのバランスを考慮したシステム設計を可能としている。 Accordingly, in another of some aspects of the present invention, a subscriber unit, further, that it enables the application of at APN (Access Point Name) units, to the service operators, and the above-described advantages of the present invention, The related recovery time PCRF thereby enabling the system design considering the balance between the negative factor.

PCRFの可用性(availability)を向上させるには、装置のミラーリング(あるいは複数のストレージ装置へのレプリケーション)など物理的に装置構成を冗長化させる等の技術の利用が可能はであるが、設備投資が嵩む。 To improve the PCRF availability (availability), it is possible the use of techniques such as to redundant physical device configuration such as mirroring devices (or replication to a plurality of storage devices), but the capital investment increased.

これに対して、本発明によれば、PCRFはPCRFクライアントと連携し、必要最低限の情報のみを多重化管理することより、PCRFの可用性の向上を図ることができる。 In contrast, according to the present invention, PCRF in cooperation with the PCRF client, only the necessary minimum information than to manage multiplexing, it is possible to improve the availability of the PCRF.

本発明により、サービス事業者は大きな設備投資を課される事なく、高い可用性を確保・維持する事が可能となり、そのコストメリットは大きい。 According to the present invention, service operators without imposed a large capital investment, it becomes possible to secure and maintain high availability, the cost benefit is great.

本発明のいくかの態様においては、PCRFが一時的なサービス停止から復旧した場合に、PCEF/BBERFからPCRFへPCCセッションの情報を通知することで、パス(ベアラ)への影響を与えることなく、PCRF-PCEF/BBERF間の状態を復旧させる。 In it goes some aspects of the present invention, if the PCRF has recovered from the temporary outages, and by notifying the information PCC session from PCEF / BBERF to PCRF, without affecting to the path (bearer) , I to restore the state of inter-PCRF-PCEF / BBERF.

図2は、本発明を説明するための模式図である。 Figure 2 is a schematic diagram for explaining the present invention. 図2には、PCRFと、PCEF/BBERFであるPGW/SGWでの発生イベントと、PCRFとPGW/SGW間の信号のやり取りが時間軸上で模式的に示されている。 In Figure 2, the PCRF, and the events occur at the PGW / SGW is PCEF / BBERF, exchange of signals between the PCRF and the PGW / SGW are schematically indicated on the time axis. PCRF、PGW/SGWからのそれぞれ図の右方に水平に引かれた矢線は時間を表し、1. PCRF, Ya-sen it is pulled horizontally to the right of each view from the PGW / SGW represents time, 1. ~8. To 8. はステップ番号を表している。 It represents the step numbers.

1. 1. PGW/SGWにおいてベアラが確立したことに関するトリガが発生する。 Trigger occurs on that the bearer has been established in the PGW / SGW.

2. 2. SGW/PGWはCC(Credit Control)-セッション確立要求を、PCRFに送信する。 SGW / PGW is CC (Control Credit) - the session establishment request, and sends it to the PCRF.

3. 3. CC-セッション確立要求を受けたPCRFは、CC-セッション確立の認可判定等を行い、CC-セッション確立応答を返信する。 CC- PCRF receiving the session establishment request, CC- performs authorization decision like the session establishment, and returns the establishment response CC- session. このとき、PCRFがSGW/PGWに対して、PCCセッション情報をCC-セッション確立応答に付与し、CC-セッション確立応答として返す。 In this case, PCRF to the SGW / PGW, the PCC session information CC- granted to session establishment response, CC- and returns as a session establishment response.

4. 4. PCCセッション情報が設定されたCC-セッション確立応答を受信したSGW/PGWは、PCCセッション情報を保持する。 PCC session information is set CC- SGW / PGW receiving the session establishment response, retain the PCC session information.

5. 5. その後、PCRFにおいて、再開(PCRFの初期化によるPCCセッション情報の喪失を伴う)が発生する。 Then, in PCRF, (with a loss of PCC session information by initialization of PCRF) resumption to occur.

6. 6. SGW/PGWは、対向する当該PCRFの再開を検出する。 SGW / PGW detects the resumption of opposing the PCRF.

7. 7. SGW/PGWは、本発明によって新たに導入されたメッセージとして、CC-セッション復旧要求にPCCセッション情報を付与したメッセージをPCRFへ送信する(ステップ7)。 SGW / PGW is a newly introduced message according to the present invention, it sends a message CC- imparted with PCC session information on a session recovery request to the PCRF (Step 7).

8. 8. CC-セッション復旧要求を受けたPCRFは、該メッセージに付与されたPCCセッション情報からセッション情報を再構築し、再開発生前のセッションの状態へ復旧することができる。 CC- PCRF receiving a session recovery request is to reconstruct the session information from the PCC session information added to the message, it can be restored to the state of before resuming generation session.

図2の例に示すように、PCRFは、PCCセッション情報を、SGW/PGWに退避保持しておき、PCRFの再開を契機に、SGW/PGWからPCCセッション情報を受け取り、再開前のセッション状態に復旧させている。 As shown in the example of FIG. 2, PCRF is, the PCC session information, it is also possible to save held in SGW / PGW, in wake of the resumption of the PCRF, receives the PCC session information from SGW / PGW, the session state before resuming It is made to recover.

本発明によれば、PCRFの再開時に、SGW/PGWは、該当セッションに関連するベアラを解放することなく、PCCセッション状態を復旧させることが可能となる。 According to the present invention, when PCRF restart, SGW / PGW, without releasing the bearer related to the corresponding session, made it possible to recover PCC session state. 以下、いくつかの実施形態に即して本発明を説明する。 Hereinafter, the present invention will be described with reference to several embodiments.

<実施形態1> <Embodiment 1>
図3は、本発明の第1の実施形態の構成を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a configuration of a first embodiment of the present invention. 図3において、ネットワーク構成自体は、通常のEPCネットワークと変わらない。 In Figure 3, the network configuration itself is not different from the ordinary EPC network. UE(1、2)は、携帯電話等の移動機を示す。 UE (1,2), it shows the mobile phone such as a mobile machine.

eNodeB(11)は、例えばLTEの基地局である。 eNodeB (11) is, for example, an LTE base station. NodeB(21)、及びRNC(31)は、UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)で採用された無線アクセス用装置を示す。 NodeB (21), and RNC (31) shows a wireless access equipment that is employed in UMTS (Universal Mobile Telecommunications System). MME(41)は、EPCで導入されたモビリティを管理する装置である。 MME (41) is a device for managing the mobility introduced in EPC. SGSN(51)はUMTS用に用いる在圏装置である。 SGSN (51) is a serving device used for UMTS. SGWは、在圏でユーザープレーンを扱う装置である。 SGW is a device for handling the user plane in located. PGWは、外部パケット網(サービスネットワーク(91))とEPCを接続するゲートウェイ装置である。 PGW is a gateway device for connecting external packet network (the service network (91)) of the EPC.

PCRF(81)は、QoS及び課金ポリシーを管理する装置(サーバノード)であり、SGW及びPGWと「CC-セッション」というセッションを、UE1、UE2とサービスネットワーク(91)との括り付け単位であるIP-CANセッション毎に、確立する。 PCRF (81) is a device that manages QoS and charging policy (server node), the session of the SGW and PGW "CC- sessions" and are enclosed with the unit of the UE1, UE2 and service network (91) every IP-CAN session, it will be established. なお、PCRFはユーザープレーンを扱わない。 It should be noted, PCRF does not address the user plane.

HSS(101)は、IP電話網において加入者の番号や在圏情報等、加入者のプロファイル情報を保持するノード(加入者情報管理サーバ)である。 HSS (101), the subscriber number or the located information, etc. in the IP telephone network is a node that holds the profile information of the subscriber (the subscriber information management server). PCRFは、必要に応じてHSS(101)からプロファイル情報を取得する。 The PCRF obtains the profile information from the HSS (101) if necessary.

はじめに、PCRFとのCC-セッションの確立処理およびPCRF再開発生時の動作を説明する。 First, we will explain the CC- establishing process and PCRF resumption occur during the operation of the session with the PCRF.

<比較例の動作> <Operation of Comparative Example>
図4は、本発明の比較例を説明するための図である。 Figure 4 is a diagram for explaining a comparative example of the present invention. 図4には、「LTE attach」からPCRFの一時的なサービス停止発生後のPGW起動と切断の動作シーケンスが例示されている。 In Figure 4, the operation sequence of the "LTE attach" PGW start after a temporary service outage occurrence of PCRF from the cutting is illustrated. なお、各動作に付した番号1~10はシーケンス動作番号(ステップ番号)を表している。 The numbers 1-10 are assigned to each operation represents the sequence operation number (step number).

1. 1. UEからアタッチリクエスト(Attach Request)をMMEに送信する。 It sends attach request (Attach Request) to the MME from UE. UEからのアタッチリクエストは、UEの電源投入時等、UEをネットワークに登録するための要求である。 Attach request from the UE, a request for registering at power of the UE such as the UE to the network.

2. 2. UEからアタッチリクエストを受けたMMEは、認証・秘匿処理を、UE/eNB(eNODEB)間で行う。 MME receiving the attach request from the UE, the authentication and security processing, performed between UE / eNB (eNODEB).

3. 3. MMEは、その後、S11インタフェース(GPRS Tunneling Protocol V2(GTPv2)を介してSGWに、セッション作成要求(Create Session Request)を送信する。 MME is, then, to SGW via the S11 interface (GPRS Tunneling Protocol V2 (GTPv2), transmits a session creation request (Create Session Request).

4. 4. SGWは、S5/S8インタフェース(GTPv2)を介してPGWへセッション作成要求(Create Session Request)を送信する。 SGW sends the S5 / S8 session creation request to PGW via the interface (GTPv2) (Create Session Request).

5. 5. PGWがPCRFへクレジットコントロール要求(CC-Request(initial)を送信する。CC-Request(initial)のinitialは要求タイプ(CC-Request Type)がinitialであることを表している。DIAMETER CC-Request/CC-Answerメッセージの詳細等についてはIETF RFC 4006等が参照される。 Initial request type of PGW credit control request to the PCRF (to send a CC-Request (initial) .CC-Request (initial) (CC-Request Type) .DIAMETER has expressed that it is the initial CC-Request / IETF RFC 4006 and the like are referred to for more information such as CC-Answer message.

6. 6. PCRFは、CC-セッションを生成し、QoS、課金判定を実行後、PGWに、クレジットコントロール・アンサー(CC-Answer)を返信する。 The PCRF generates a CC- session, QoS, after executing a charging determination, the PGW, returns a credit control answer (CC-Answer). このタイミング(CC-Answer返信のタイミング)で、PCRFに、当該セッションに対する、セッション情報が生成される。 In this timing (CC-Answer reply timing), the PCRF, for the session, the session information is generated. PCRFは、PCCルールのQoSルールに基づき、帯域制御として、3G端末によるセッションに関わるPGWに関して帯域を例えば2Mbits/Sec、LTE端末によるセッションに関わるPGWに関して帯域を例えば100Mbits/Sec等に設定する。 PCRF, based on the QoS rules of the PCC rules, as bandwidth control, to set the band with respect to PGW involved in the session by the 3G terminal for example 2Mbits / Sec, in the band, for example, 100Mbits / Sec, etc. with respect to PGW involved in the session by the LTE terminal.

7. 7. PCRFからCC-Answerを受けたPGWは、SGWへセッション作成応答(Create Session Response)を返信する。 PGW receiving the CC-Answer from the PCRF returns a session creation response (Create Session Response) to the SGW.

8. 8. SGWはMMEへセッション作成応答(Create Session Response)を返信する。 SGW returns the session creation response to the MME (Create Session Response).

9. 9. セッション作成応答を受けたMMEは、アタッチ受理(Attach Accept)をUEへ返信する。 MME which has received the session creation response returns Attach accept (Attach Accept) to the UE.

10. 10. eNB-MME-SGW間でベアラ確立処理が行われる。 bearer establishment processing is performed between the eNB-MME-SGW. この結果、UEからサービスネットワークへのベアラ確立が完了する。 As a result, the bearer establishment from the UE to the service network is completed. 図4のステップ1~10の詳細は、非特許文献3の5.3.2 Attach procedureのFigure 5.3.2.1-1とその関連説明が参照される)。 Details of step 1-10 of FIG. 4, 5.3.2 Attach procedure Figure 5.3.2.1-1 and its associated description of Non-Patent Document 3 is referenced).

11. 11. その後、PCRFの再開が発生する(PCRFはセッション情報を喪失する)。 Then, PCRF of resumption occurs (PCRF a loss of session information).

12. 12. PGWがPCRFの再開を検出する。 PGW detects a resumption of PCRF.

13. 13. PGWは、セッションの状態を一致化させるために、ベアラ解放を起動し、ベアラ削除要求(Delete Bearer Request)をSGWへ送信する。 PGW, in order to match the state of the session to start the bearer release, and transmits the bearer deletion request (Delete Bearer Request) to the SGW.

14. 14. ベアラ削除要求を受けたSGWは、MMEに、ベアラ削除要求(Delete Bearer Request)を送信する。 SGW which has received the bearer deletion request, the MME, sending Delete Bearer request (Delete Bearer Request).

15. 15. MMEは、この場合、UEにとって最後のベアラとなるため、ベアラ削除処理を起動し、デタッチ要求(Detach Request)をUEに送信する。 The MME, in this case, since it is the last bearer for UE, and starts the bearer deletion process, and transmits detach request (Detach Request) to the UE.

16. 16. 一旦、UEは、デタッチ受理(Detach Accept)をMMEに伝える。 Once, UE conveys detach accept (Detach Accept) to MME.

17. 17. UEからのデタッチ受理を受けたMMEは、SGWにベアラ削除応答(Delete Bearer Response)を返す。 MME which has received the acceptance detached from the UE returns a bearer deletion response (Delete Bearer Response) to the SGW. MMEからUEへのデタッチ要求については、非特許文献3の5.3.8のDetach ProcedureのFigure 5.3.8.3-1: MME-Initiated Detach Procedureとその関連説明が参照される。 For detach request from the MME to the UE, Figure of Detach Procedure of 5.3.8 of Non-Patent Document 3 5.3.8.3-1: MME-Initiated Detach Procedure and its associated description is referenced.

18. 18. これを受け取ったSGWは、PGWに対してベアラ削除応答(Delete Bearer Response)を返す。 SGW which has received this returns a Delete Bearer Response (Delete Bearer Response) for the PGW.

19. 19. UEはベアラを解放して一旦デタッチ(Detach)状態へ遷移する。 UE to transition to once detach (Detach) state releases the bearer.

20. 20. その後、UEは、改めてアタッチ(Attach)処理を起動する(再Attach)。 Then, UE, start anew attach (Attach) processing (re-Attach).

そして、PCRFを含めセッション情報が一致した状態でベアラを再度確立する。 Then, the re-established bearer with the session information matches, including PCRF.

<実施形態1の動作> <Operation of Embodiment 1>
図5は、本発明の第1の実施形態の動作シーケンスを説明する図である。 Figure 5 is a diagram for explaining an operation sequence of the first embodiment of the present invention. 図5において、ステップ1のUEからのアタッチ処理Aは、図4の処理A(非特許文献3のFigure 5.3.2.1-1: Attach procedure)と同一であるため、説明を省略する。 5, the attach process A from the UE in step 1, (Figure Non-Patent Document 3 5.3.2.1-1: Attach procedure) process A in Figure 4 for a are the same, description thereof will be omitted .

2. 2. PGWがPCRFへCC-Request(initial)メッセージを送信する。 PGW sends a CC-Request (initial) message to the PCRF. その際、PGWは、CC-Requestにおけるフラグ(flag)情報として、復旧支援=真(restoration_support=true)を設定し、当該PGWが、PCRF再開後復旧機能をサポートしていること(能力情報)を、PCRFに通知する。 At that time, PGW is, as a flag (flag) information in the CC-Request, recovery support = set the true (restoration_support = true), that the PGW is, supports the PCRF resume after recovery function (capability information) , it will notify the PCRF. PGWからCC-Requestを受けたPCRFは、CC(Credit-Control)-セッションを生成し、QoS、課金(Charging)の判定を行う。 The PCRF receiving the CC-Request from PGW, CC (Credit-Control) - generates a session, QoS, judges the charging (Charging).

3. 3. PCRFは、PGWへCC-Answerを返信する際に、当該CC-Answerに、PCCセッション情報(QoS、課金情報を含む)のコンテナ(PCC container)を付与する。 PCRF, when you reply to CC-Answer to PGW, to the CC-Answer, to grant PCC session information containers (QoS, including billing information) (PCC container). PCCセッション情報コンテナは、PCCセッション情報を格納するAVP(Attribute Value Pair:属性値ペア)からなる。 PCC session information container, AVP to store the PCC session information: consists of (Attribute Value Pair attribute-value pairs).

4. 4. PCRFから、PCCコンテナ付のCC-Answerを受信したPGWは、PCCコンテナ(セッション)情報を保持する(ただし、PGWはPCCコンテナのセッション情報の解釈は行わない)。 From the PCRF, PGW, which has received the CC-Answer with a PCC container holds the PCC container (session) information (however, PGW is not performed interpretation of session information of PCC container).

5. 5. その後、ベアラ確立処理(処理B)を継続する。 After that, it continued bearer establishment processing (processing B). 図5のステップ5のベアラ確立処理(処理B)は、 Bearer establishment processing in Step 5 in FIG. 5 (process B) is
図4のステップ7(PGWからSGWへのCreate Session Responceの返信)、 Step 7 of FIG. 4 (Reply of Create Session Responce from PGW to SGW),
図4のステップ8(SGWからMMEへのCreate Session Responceの返信)、 Step 8 of FIG. 4 (Reply of Create Session Responce from the SGW to MME),
図4のステップ9(MMEからUEへのAttach Acceptの返信)、 Step 9 of FIG. 4 (reply Attach Accept from the MME to the UE),
図4のステップ10のベアラ確立処理(処理B) Bearer establishment processing at step 10 in FIG. 4 (process B)
からなる。 Consisting of.

6. 6. ベアラ確立後に、PCRFは再開する(PCCセッション情報喪失)。 After bearer establishment, PCRF resume (PCC session information loss).

7. 7. PGWはPCRFの再開を検出する。 PGW detects the resumption of the PCRF.

8. 8. PCRFの再開を検出したPGWは、PGWで記憶保持しているPCCセッション情報コンテナを、PCRFへ通知し、PCCセッション情報を復旧させるために、PCCセッション情報コンテナ(PCC container)を含むCC-Request(update)をPCRFへ送信する。 The PGW detects the resumption of the PCRF, the PCC session information containers are stored and held in PGW, and notifies the PCRF, in order to recover the PCC session information, CC-Request containing the PCC session information container (PCC container) ( It wants to send the update) to the PCRF. このCC-RequestのRequest-Type=updateは、PCCコンテナによるアップデートの指示(update indication)を表す。 Request-Type = update of this CC-Request represents an indication of the update by the PCC container (update indication).

9. 9. PCRFは、PGWからCC-Request(update)を受けとる。 PCRF receives the CC-Request (update) from the PGW. PGWからのCC-Request(update)にPCCセッション情報コンテナが含まれることから、PCRFは、PCRF再開により失われたPCCセッション情報の復旧を目的とする信号であるものと認識し、CC-RequestとPCCコンテナ(PCCセッション情報)から、セッション情報(セッションデータ)を復旧させる。 Since it contains a PCC session information container CC-Request (update) from PGW, PCRF recognizes as a signal for the purpose of recovery of the PCC session information lost by the PCRF resumed, and the CC-Request from PCC container (PCC session information), to recover the session information (session data).

10. 10. PCRFは、PCCセッション情報を復旧させる。 The PCRF, to recover the PCC session information. PCRFは、PCCセッションの復旧の成功を、CC-Answerを用いてPGWに返信する。 PCRF is, the success of the restoration of the PCC session, to reply to the PGW using CC-Answer.

図4の比較例では、ベアラ解放後(図4のステップ19)に、UEからの再Attachによりベアラを再度確立としていたが、本実施形態によれば、ベアラに影響を与えることなく、PGW-PCRF間で復旧させることが可能となる。 In the comparative example of FIG. 4, after bearer release (step 19 in FIG. 4), it had been the establish bearer again by the re Attach from UE, according to this embodiment, without affecting the bearer, PGW- it is possible to recover between PCRF.

上記説明では、SGW-PGW間で、GTPv2(GTP Version2(GPRS(General Packet Radio Service) Tunneling Protocol))プロトコルを用いた例で説明したが、PMIPv6(Proxy Mobile IPv6)を用いた場合でも、同様の機能を実現することが出来る。 In the above description, between SGW-PGW, GTPv2 (GTP Version2 (GPRS (General Packet Radio Service) Tunneling Protocol)) has been described in the example using the protocol, even when using a PMIPv6 (Proxy Mobile IPv6), the same it is possible to realize the function. この場合、SGWからもPCRFへアクセスが発生するため、SGW-PCRF間のCC-Request/CC-Answerへ、PGW-PCRF間と同様に、PCCコンテナを追加する。 In this case, since the access occurs to PCRF from SGW, to CC-Request / CC-Answer between SGW-PCRF, as well as inter-PGW-PCRF, to add the PCC container.

また、PCCコンテナが追加されるメッセージは、アタッチ(Attach)時のSGW/PGW、PCRF間のCC-セッション確立時のCC-Answerだけに限定されるものでないことは勿論である。 Also, a message PCC container is added, attach (Attach) When SGW / PGW, it CC- not intended to be limited to CC-Answer at session establishment between PCRF as a matter of course. 複数のPDN(Multiple PDN)確立時、複数のSGWに跨ったTA(Tracking Area)-Update、ハンドオーバー時のCC-セッション確立時においても、同様に、PCCコンテナを追加することで、PCRF再開検出後のPCCセッションの復旧を実現することができる。 When more than one PDN (Multiple PDN) established, TA across multiple SGW (Tracking Area) -Update, also in CC- during session establishment at the time of handover, as well, by adding the PCC container, and PCRF resume detection it is possible to realize the recovery of the PCC session later.

<実施形態1の変形例> <Modification of Embodiment 1>
本実施形態の変形例として、図5のeNBとMMEとを、それぞれ、図3のNodeB及びRNCと、SGSNとで置き換えることで、アクセス網がUMTSである場合におけるPCCセッションの復旧にも、本発明が適用可能となる。 As a modification of this embodiment, the eNB and the MME in Figure 5, respectively, a NodeB and RNC in Figure 3, by replacing in the SGSN, to recover PCC session in case the access network is a UMTS, and the invention is applicable.

<PCCセッション情報コンテナ> <PCC session information container>
図6は、本実施形態においてPCCコンテナに含まれる情報の一例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing an example of information in the present embodiment are included in the PCC container. DiameterセッションID、サブスクリプションID(Subscription-Id)は、PGW/SGWからPCRFに送信されるCC-Requestに設定される情報を用いることができる。 Diameter Session ID, the subscription ID (Subscription-Id), can use the information to be set in the CC-Request sent from the PGW / SGW to PCRF. 不足情報である、 Is a lack of information,
・移動機IPv4アドレス/IPv6 prefix、APN(Access Point Name)名、 - The mobile station IPv4 address / IPv6 prefix, APN (Access Point Name) name,
・QoSルール、 QoS rules,
・課金(Charging)ルール、及び、 And billing (Charging) rules and,
・関連情報をPCRFはPCCコンテナに設定する。 -Related information PCRF to set the PCC container.

SGW/PGWではPCCコンテナの内部情報を意識(解釈)する必要はないため、図6に示す例以外であっても、PCRFで必要とする情報を格納することができる。 For SGW / conscious internal information of PCC container in PGW are (interpretation) need not be, be other than the example shown in Figure 6, it is possible to store the information required by the PCRF.

<PCRF再開検出手順の一例> <One cases of PCRF resume detection procedure>
図7は、本実施形態におけるPCRF再開検出の一例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing an example of a PCRF resume detection in this embodiment. PCRF再開は、IETF RFC 3588に規定されているOrigin-State-Idを用いることで可能となる。 PCRF resumed, it is possible by using the Origin-State-Id as defined in IETF RFC 3588.

本実施形態において、Origin-State-Idは、例えばPCRF再開によりセッション情報を失った際にカウントアップされる。 In this embodiment, Origin-State-Id is counted up when you have lost session information by, for example PCRF resumed. Diameterコネクション確立時に交換するCER(Capability Exchange Request)/CEA(Capability Exchange Answer)メッセージに、Origin-State-Idを設定することで、Diameterコネクション確立(SCTP確立)の度に、対向装置の再開の有無を認識することが可能となる。 The CER (Capability Exchange Request) / CEA (Capability Exchange Answer) message to be exchanged during Diameter connection establishment, and by setting the Origin-State-Id, whenever the Diameter connection establishment (SCTP establishment), and the presence or absence of the restart of the counter device it becomes possible to recognize. なお、Diameter能力交渉(CER/CEA)は各ピアでいかなるアプリケーションがサポートされているかを決定するために行われる。 Incidentally, Diameter capability negotiation (CER / CEA) is any application is performed in order to determine whether it is supported by each peer.

1. 1. PGWは、PCRFとSCTP(Stream Control Transmission Protocol)による接続を確立する。 PGW is, to establish a connection by the PCRF and SCTP (Stream Control Transmission Protocol). SCTPについてはIET RFC 4960等が参照される。 Etc. IET RFC 4960 is referenced for SCTP.

2. 2. PGWは、PCRFにCER(Origin-State-Id)メッセージを送信する。 PGW sends a CER (Origin-State-Id) message to the PCRF.

3. 3. PGWは、PCRFからCEA(Origin-State-Id)メッセージを受信する。 PGW receives the CEA (Origin-State-Id) message from the PCRF.

4. 4. PGWは、Origin-State-Idの値の増加により「SCTP切断」を検出する。 PGW detects the "SCTP cut" by the increase in the value of the Origin-State-Id.

5. 5. PCRFが、障害から復旧し、再開する(PCRFではセッション情報喪失)。 PCRF is, recovers from the failure, resume (session information loss in PCRF).

6. 6. PGWは、PCRFとSCTP(Stream Control Transmission Protocol)による接続を確立する。 PGW is, to establish a connection by the PCRF and SCTP (Stream Control Transmission Protocol).

7. 7. PGWは、PCRFにCER(Origin-State-Id)メッセージを送信する。 PGW sends a CER (Origin-State-Id) message to the PCRF.

8. 8. PCRFは、Origin-State-Idをカウントアップする。 PCRF counts up the Origin-State-Id.

9. 9. PGWは、PCRFからDiameter CEA(Origin-State-Id)メッセージを受信する。 PGW receives the Diameter CEA (Origin-State-Id) message from the PCRF.

10. 10. PGWは、PCRF再開を検出する。 PGW detects the PCRF resume. PGWは、PCRFから受信したDiameter CEA(Origin-State-Id)メッセージにおいて、前回、同一の発行元から受信したDiameter CEAメッセージのOrigin-State-Idよりも大きなOrigin-State-Idを受信すると、発行元は、前回メッセージから状態を失ったものと推定する。 PGW, in Diameter CEA (Origin-State-Id) message received from the PCRF, the last time, when receiving a large Origin-State-Id than the Origin-State-Id of Diameter CEA messages received from the same publisher, issue original, be presumed to have lost the state from the previous message. この場合、PGWにおいて、PCCセッションが失われた状態であるPCRF再開が推定(検出)される。 In this case, the PGW, PCRF resumed is estimated (detected) PCC session is in the state that was lost.

本実施形態は以下のような作用効果を奏する。 According to the embodiment exhibits the following effects.

本実施形態においては、SGW/PGWが、PCCセッション情報を保持する構成としたことにより、PCRF再開時に、SGW/PGWからPCRFへ該PCCセッション情報を転送することで、PCCセッション情報を復旧できる。 In this embodiment, SGW / PGW is, by which a structure for holding the PCC session information, when the PCRF resumed, and by transferring the PCC session information from the SGW / PGW to PCRF, it is possible to recover PCC session information. すなわち、本実施形態においては、PCRFの一時的なサービス停止によりセッション情報を失っても、SGW/PGW-PCRF間で、復旧可能であり、UEが通信中のベアラに影響を与えることなく、通信品質への影響を回避することができる。 That is, in the present embodiment, to lose the session information by a temporary outage of a PCRF, between SGW / PGW-PCRF, it is recoverable without the UE affect the bearer during communication, the communication it is possible to avoid the influence on the quality.

<実施形態2> <Embodiment 2>
次に本発明の第2の実施形態について説明する。 Then it will be described a second embodiment of the present invention. 図8は、本発明の第2の実施形態の動作を説明する図である。 Figure 8 is a diagram for explaining the operation of the second embodiment of the present invention. 本実施形態のネットワーク構成は、図3と同一である。 Network structure of the present embodiment is the same as FIG. 前記実施形態1では、PCRFにおいて、1つのPCCセッションの復旧を行っているが、本実施形態では、PCRFにおいて、複数のPCCセッションの復旧を行う。 The In the first embodiment, in the PCRF, but is performed to recover the single PCC session, in this embodiment, the PCRF, and performs recovery of several PCC sessions.

図8において、ステップ1の処理A(UEからのAttach処理)は、図5の処理Aと同一であるため、説明を省略する。 In Figure 8, (Attach process of the UE) processing A in step 1 are the same as the processing A in Fig. 5, description thereof will be omitted. また、 In addition,
2. 2. PGWからPCRFへのCC-Request(initial)の送信、 CC-Request sending of (initial) from PGW to PCRF,
3. 3. PCRFからPGWへのCC-Answer(PCCコンテナ付)の送信4. Sending of CC-Answer from the PCRF to PGW (PCC with container) 4. PGWにおけるPCCコンテナ(セッション情報)の保持、 Retention PCC container in PGW of (session information),
5. 5. 処理B(ベアラ確立処理)は、 Processing B (bearer establishment treatment),
いずれも図5と同一である。 Both are the same as FIG.

6. 6. PCRFで再開が発生する(PCCセッション情報喪失)。 Resumption occurs in the PCRF (PCC session information loss).

7. 7. PGWがPCRF再開を検出する(図7で説明した手順による)。 PGW detects PCRF Resume (by the procedure described in Fig. 7).

8. 8. PGWは、PCRFへCC-Request(bulk update)を送信する。 PGW sends a CC-Request (bulk update) to the PCRF. このCC-Request(bulk update)メッセージ(1つのメッセージ)に、複数のPCCセッション情報コンテナを登録することが可能である。 This CC-Request (bulk update) messages (one message), it is possible to register multiple PCC session information container. CC-RequestのRequest Type=bulk updateは、複数のセッション情報の更新指示を表している。 Request Type = bulk update the CC-Request represents the update instruction of the plurality of session information.

9. 9. PCRFは、PGWからのCC-Requestを受信し、複数のPCCセッション情報を復旧させる。 PCRF receives the CC-Request from PGW, to restore a plurality of PCC session information.

10. 10. PCRFは、CC-AnswerをPGWに返信する。 PCRF sends back the CC-Answer to the PGW.

前記実施形態1では、PGWは、セッション毎に、CC-Request(update)をPCRFに送信することが必要とされているのに対して、本実施形態では、PGWは、複数のベアラに対応するCC-セッションを一つのメッセージ(CC-Request)を送信することで、PCRFにおいて複数のPCCセッションの復旧させることが可能となる。 The In Embodiment 1, PGW, for each session, whereas it is required to transmit CC-Request the (update) to the PCRF, in this embodiment, PGW correspond to a plurality of bearers CC- By sending a session one message (CC-Request), it is possible to recover a plurality of PCC session in PCRF. すなわち、PGWが複数のPCCセッション情報を一つの信号でPCRFへ通知することが可能としたことにより、セッション毎にCC-Request(update)を送信する場合と較べて、PCRFでのPCCセッション復旧に必要な信号量(伝送される信号量(signaling load))を減らし、短期間に復旧可能となる。 In other words, due to the possible PGW notifies the plurality of PCC session information in one signal to the PCRF, as compared with the case of transmitting CC-Request the (update) for each session, the PCC session recovery in PCRF to reduce the required amount of signal (the amount of signals to be transmitted (signaling load)), it is possible to recover in a short period of time.

<実施形態3> <Embodiment 3>
次に、本発明の第3の実施形態について説明する。 Then, we will describe a third embodiment of the present invention. 図9は、本発明の第3の実施形態を説明する図である。 9 is a diagram for explaining a third embodiment of the present invention.

図9において、ベアラ確立処理の前半(ステップ1の処理A、ステップ2のCC-Request(initial)は、図5の前記実施形態1と同一であるため、説明は省略する。 In Figure 9, for processing A in the first half (Step 1 of the bearer establishment processing, the CC-Request (initial) step 2 are the same as the first embodiment of Fig. 5, description thereof is omitted.

3. 3. PGWからCC-Requestを受信したPCRFは、該当加入者(当該アタッチリクエストを送信したUEのユーザ)のプロファイル情報取得のために、HSSに対して、プロファイル取得要求を送信する。 The PCRF has received the CC-Request from the PGW, for the profile information acquisition of the relevant subscriber (UE of the user who transmitted the attach request), for the HSS, and transmits a profile acquisition request.

4. 4. PCRFからプロファイル取得要求を受けたHSSは、PCRFに対して、該当加入者のプロファイル情報を設定したプロファイル取得応答を返信する。 HSS receiving the profile acquisition request from the PCRF, the reply to PCRF, the profile acquisition response for which the profile information of the corresponding subscriber.

5. 5. HSSからプロファイル取得応答を受けたPCRFは、プロファイル情報から加入者判定を行う(当該加入者が優先ユーザであるか否かを判定する)。 The PCRF has received the profile acquisition response from the HSS performs a subscriber determined from the profile information (determine whether the subscriber is a priority user).

6. 6. 当該加入者が優先ユーザの場合、PCRFからPGWへのCC-Answerに、PCCセッション情報コンテナを付与する。 If the subscriber is a priority user, the CC-Answer from the PCRF to PGW, it will grant the PCC session information container.

7. 7. PGWはPCCセッション情報コンテナを保持する。 PGW to hold the PCC session information container.

8. 8. 当該加入者が優先ユーザ以外の場合、PCRFは、PCCコンテナが設定されない(PCCコンテナを含まない)CC-AnswerをPGWへ返信する。 If the subscriber is a non-priority users, PCRF is, (not including the PCC container) that PCC container is not set to return the CC-Answer to the PGW.

9. 9. 当該加入者が優先ユーザ以外の場合、PGWは、PCCコンテナ情報(PCCセッション情報)を保持しない。 If the subscriber is a non-priority users, PGW, will never be maintained PCC container information (PCC session information).

10. 10. ベアラ確立処理(処理B)、 Bearer establishment processing (B),
11. 11. PCRF再開、 PCRF Resume,
12. 12. PGWによるPCRF再開検出、 PCRF resume detection by PGW,
13. 13. PGWからPCRFへのCC-Request(update)(PCCコンテナ)の送信、 Sent from the PGW CC-Request to the PCRF of (update) (PCC container),
14. 14. PCRFにおけるPCCセッション復旧、 The PCC session recovery in PCRF,
15. 15. PCRFからPGWへのCC-Answerの返信は、図5の前記実施形態1と同じである。 Reply CC-Answer from PCRF to the PGW, the same as the first embodiment of FIG.

ただし、ステップ13のCC-Request(update)では、PGWが記憶保持している優先ユーザのPCCセッション情報コンテナ(PCCコンテナ)のみがPCRFに送信される。 However, the CC-Request of step 13 (update), PCC session information container of priority users PGW holds memory only (PCC container) is sent to the PCRF.

すなわち、本実施形態においては、ベアラ確立後に、PCRF再開を検出したPGWは、ベアラ確立時に、PCCコンテナを受信したセッション情報分を、PCRFへ復旧させるために、CC-RequestにPCCコンテナ(PCCセッション情報)を設定し、PCRFへ送信する。 That is, in this embodiment, after bearer establishment, the PGW it detects a PCRF resume, upon bearer establishment, the session information component that receives the PCC a container, in order to recover the PCRF, PCC container (PCC session CC-Request Set the information), and transmits it to the PCRF.

PCCコンテナを受けたPCRFは、優先ユーザのPCCセッションを復旧させ、PGWへCC-Answerを返信する。 PCRF receiving the PCC container to recover PCC session priority user and returns the CC-Answer to the PGW.

本実施形態において、優先ユーザは、契約情報等に基づく優先して救済したいユーザを指すものとする。 In this embodiment, the priority user, is intended to refer to the user to be relieved in preference based on the contract information. 例えばホーム加入者を優先ユーザとし、ローミングイン加入者を非優先ユーザとするような優先度設定としてもよい。 For example, the home subscribers and priority user, may be used as a priority setting as a non-priority users roaming-in subscribers.

あるいは、本実施形態において、契約情報に基づいて、ホーム加入者内で優先ユーザ、非優先ユーザに分類するようにしてもよい。 Alternatively, in the present embodiment, based on the contract information, the priority in the home subscriber users, and may be categorized as non-priority users.

あるいは、本実施形態において、加入者情報によらず、APN毎に優先ユーザ、非優先ユーザに分類するようにしてもよい。 Alternatively, in this embodiment, regardless of the subscriber information, the priority for each APN the user, it may be categorized as non-priority users.

本実施形態によれば、優先度に基づき、復旧対象とするセッションを限定することで、PGW側で保持する必要のあるPCCコンテナ数(情報量)を制限する(情報量の増大を抑制)ことが可能となる。 According to the present embodiment, based on priorities, it is possible to limit the session to the recovery target, to limit PCC number of containers that must be retained on the PGW side (amount information) (amount of information is prevented from increasing) the It is made possible. このため、PGWへの影響を抑えることができる。 Therefore, it is possible to suppress the influence on the PGW.

<実施形態4> <Embodiment 4>
次に、本発明の第4の実施形態を説明する。 Next, we will explain the fourth embodiment of the present invention. 図10は、本発明の第4の実施形態のシステム構成を示す図である。 10 is a diagram showing the system configuration of a fourth embodiment of the present invention. 図10を参照すると、図3の構成に対して、AF(Application Function)111が追加されている。 Referring to Figure 10, the configuration of FIG. 3, AF (Application Function) 111 is added.

AFは、IMS(IP Multimedia System)において、P-CSCF(Proxy-Call Session Control Function)に配備され、PCRFへIMSで必要となるセッション情報を通知する役割を果たすノードであり、IMSにおいてVoIP(Voice over IP)発呼時等に、ベアラのQoS変更等が必要となった時に、PCRFへ確立要求を出すノードである。 AF, in IMS (IP Multimedia System), deployed to P-CSCF (Proxy-Call Session Control Function), and a serving node for notifying the session information required by the IMS to the PCRF, VoIP in IMS (Voice the over IP) call or the like, when a QoS change of bearer becomes necessary, it is a node issuing an establishment request to the PCRF. 図10において、これ以外の構成は、図3の各要素と同一であるため、説明は省略する。 10, other configurations are the same as the elements in Fig. 3, description thereof will be omitted.

図11は、本実施形態の動作の説明する図である。 FIG. 11 is an explanatory figures of the operation of the present embodiment. 図11において、1の処理A(UEからのAttach処理)は、図5の処理Aと同一であるため、説明を省略する。 In Figure 11, one of the process A (Attach process of the UE) are the same as the processing A in Fig. 5, description thereof will be omitted.

2. 2. PGWからPCRFへのCC-Request(initial)の送信、 CC-Request sending of (initial) from PGW to PCRF,
3. 3. PCRFからPGWへのCC-Answer(PCCコンテナ付)の返信4. Reply 4 of the CC-Answer from the PCRF to PGW (PCC with container). PGWにおけるPCCコンテナ(セッション)情報の保持、 Retention of PCC container (session) information in PGW,
5. 5. 処理B(ベアラ確立処理)は、 Processing B (bearer establishment treatment),
図5と同一である。 Is the same as FIG.

6. 6. ベアラ確立後、IMS側でのVoIP発呼等の契機(確立トリガ)が発生する。 After the bearer establishment, opportunity such as VoIP call at the IMS side (established trigger) occurs.

7. 7. 確立トリガを契機に、AFがPCRFへ、AA-Request(Authentication/Authorization Request)を送信する。 The opportunity to establish the trigger, AF is to PCRF, it will send the AA-Request (Authentication / Authorization Request). AA-Requestには、AFがPCCセッション情報を記憶保持しPCRF再開時におけるPCCセッション情報の復旧サポート機能を具備していることを示すフラグ(restoration support)を真(true)にセットして通知する。 The AA-Request, AF is notified by setting a flag indicating that it is provided with a recovery support for PCC session information during storage holding PCRF resume PCC session information (restoration support) true (true) .

8. 8. AA-Requestを受けたPCRFがセッション情報を生成し、AA-AnswerをAFに返信する。 PCRF, which has received the AA-Request generates a session information, and returns the AA-Answer to AF. この時、PCRFは、AA-Answerに、前記実施形態1と同様に、PCCセッション情報コンテナを設定してAFへ返信する。 In this case, PCRF is the AA-Answer, similarly to the Embodiment 1, and returns by setting the PCC session information container to AF.

9. 9. PCRFからPCCコンテナ付のAA-Answerを受けたAFは、PCCセッション情報コンテナを保持する(しかし、AFはPCCセッション情報コンテナの解釈はしない)。 AF had received the AA-Answer with a PCC container from the PCRF, to hold the PCC session information container (However, AF is not the interpretation of the PCC session information containers).

10. 10. その後、PCRFが再開する。 Then, PCRF resumes.

11. 11. PCRF再開を契機に、PGWはPCCコンテナを設定したCC-RequestをPCRFへ送信する。 In the wake of the PCRF resume, PGW sends a CC-Request that set the PCC container to the PCRF.

12. 12. またPCRF再開を契機に、AFは、AFセッションをPCRFで復旧させるために、PCCコンテナを設定したAA-Request(Request_Type=Update)をPCRFへ送信する。 Also in the wake of the PCRF resume, AF, in order to recover the AF session in PCRF, send AA-Request you set the PCC containers (Request_Type = Update) to the PCRF.

13. 13. PCCセッション情報コンテナを設定したCC-Request、AA-Requestを受けたPCRFは、それぞれのセッション情報を復旧させる。 PCC CC-Request for which the session information container, PCRF receiving the AA-Request is to recover the respective session information.

14. 14. PCRFは、PGWにCC-Answerを送信する。 The PCRF sends a CC-Answer to the PGW.

15. 15. PCRFは、AFにAA-Answerを送信する。 PCRF sends an AA-Answer to AF. このAA-Answerでは、AFにPCCセッション情報の復旧の成功が通知される。 In this AA-Answer, the success of the restoration of the PCC session information is notified to the AF.

なお、ステップ11、12において、PGW、AFは、図8と同様、CC-Request、AA-Requestに複数のPCCセッション情報を付加し、「bulk update」を指示して送信するようにしてもよい。 Incidentally, in step 11,12, PGW, AF is similar to FIG. 8, CC-Request, adds a plurality of PCC session information to AA-Request, it may be transmitted to instruct the "bulk update" .

<変形例> <Modification>
図12は、本実施形態において、AFが、PCRF再開時の復旧サポート機能に対応していない場合(フラグ:restoration support=false)の動作シーケンスを示す図である。 12, in this embodiment, AF is the case which does not correspond to the recovery support function during PCRF Resume: is a diagram showing an operation sequence (the flag restoration support = false). この場合、PCRF再開時、AFからの復旧は期待できないが、PCRFは、PGWへAFセッションのセッション情報も通知することで復旧可能となる。 In this case, when the PCRF resumed, recovery from AF can not be expected, PCRF may be recoverable by notifying also the session information of the AF session to PGW.

図12において、ステップ1の処理A(UEからのAttach処理)は、図5の処理Aと同一であるため、説明を省略する。 In Figure 12, (Attach process of the UE) processing A in step 1 are the same as the processing A in Fig. 5, description thereof will be omitted.

2. 2. PGWからPCRFへのCC-Request(initial)の送信、 CC-Request sending of (initial) from PGW to PCRF,
3. 3. PCRFからPGWへのCC-Answer(PCCコンテナ付)の返信、 Reply of CC-Answer from the PCRF to PGW (PCC with container),
4. 4. PGWにおけるPCCコンテナ情報の保持、 Retention of PCC container information in PGW,
5. 5. 処理B(ベアラ確立処理)は、 Processing B (bearer establishment treatment),
図5と同一である。 Is the same as FIG.

6. 6. ベアラ確立後、IMS側でのVoIP発呼等を契機(確立トリガ)が発生する。 After the bearer establishment, triggered by the VoIP call or the like in the IMS side (established trigger) occurs.

7. 7. AFがPCRFへ、AA-Request(Authentication/Authorization Request)を送信する。 AF is to PCRF, it will send the AA-Request (Authentication / Authorization Request). AA-Requestには、AFがPCCセッション情報を格納し、PCRF再開時におけるPCCセッション情報の復旧サポート機能を具備していないこと(restoration_support=false)を通知する。 The AA-Request, AF is to store the PCC session information, to notify that it does not have a recovery support function of the PCC session information at the time of PCRF resume (restoration_support = false). あるいは、AA-Requestメッセージ内に、当該フラグ(restoration_support)自体を設定しない事で、AFがPCRFへPCRF再開復旧機能を具備していないことを、AFからPCRFに通知する。 Alternatively, the AA-Request message, by not setting the flag (restoration_support) itself, that the AF does not have a PCRF resume recovery capabilities to PCRF, and notifies the PCRF from AF.

8. 8. この場合、PCRFは、AFへPCCコンテナを設定せずに、AA-Answerを返信する。 In this case, PCRF is, without setting the PCC container to AF, returns the AA-Answer.

9. 9. PCRFは、AFからの通知(AA-Request(restoration_support=false))の受信をトリガとして、専用ベアラ(dedicated bearer)の追加を通知するため、RA(Re-Authentication)-RequestをPGWへ送信する。 PCRF is triggered by the reception of the notification from the AF (AA-Request (restoration_support = false)), to notify the additional dedicated bearers (dedicated bearer), transmits RA to (Re-Authentication) -Request the PGW. この際、PCRFは、AFセッションの情報をPGWで保持させるため、AF向けおよびPGW向けのセッション情報を加えたPCCコンテナを設定する。 In this case, PCRF is, in order to hold the information of the AF session PGW, it sets the PCC container plus the session information for the AF for and PGW.

10. 10. これを受けたPGWはPCCコンテナ(セッション)情報を保持する。 PGW receiving this holds the PCC container (session) information.

11. 11. PGWは専用ベアラ(dedicated bearer)確立処理を起動する。 PGW to start a dedicated bearer (dedicated bearer) establishment process. このdedicated bearer処理は、MMEのベアラ管理機能であり、標準動作(非特許文献3 TS23.401 5.3.2等参照)のため説明を省略する。 The dedicated bearer process is the bearer management functions of the MME, omitted for standard operation (see Non-Patent Document 3 TS23.401 5.3.2, etc.).

12. 12. その後、PGWは、PCRFへRA(Re-Authentication)-Answerを返信する。 Then, PGW returns an RA (Re-Authentication) -Answer to PCRF.

13. 13. その後、PCRFが再開する。 Then, PCRF resumes.

14. 14. PCRF再開を契機に、PGWがPCRFへPCCコンテナ付きのCC-Requestを送信する。 In the wake of the PCRF resume, PGW sends a CC-Request with PCC container to the PCRF.

15. 15. これを受けたPCRFは、PCCセッションを復旧させ、PGW-PCRF間およびAF-PCRF間のセッション情報を復旧させる。 PCRF which received this, to recover the PCC session between PGW-PCRF and to recover the session information between the AF-PCRF.

16. 16. その後、PCRFがPGWへ、CC-Answerを返信する。 Then, PCRF is to PGW, we will reply the CC-Answer.

以上説明したように、本実施形態においては、以下のような作用効果を奏する。 As described above, in the present embodiment provides the following operational effects.

AFがPCCセッション情報を保持する構成としたことで、PCRF再開時に、AFからPCRFへPCRFのセッションを復旧できる。 AF is that it has a configuration which holds the PCC session information, when the PCRF resumed, it is possible to recover the session PCRF from the AF to the PCRF.

PCRF障害の一時的なサービス停止によりセッション情報を失っても、AF-PCRF間で復旧可能であるため、UEが通信中のベアラに影響を与えることなく、通信品質への影響を回避することができることである。 Even losing session information by a temporary outage of the PCRF disorders, because it is recoverable by inter-AF-PCRF, UE is without affecting the bearer during communication, it is possible to avoid affecting the communication quality and that it can be.

さらに、PGWへAF間のセッション情報も保持させることが可能としたことにより、AFがPCRF再開復旧機能を具備していない環境においても、PGWのみのサポートでAF間セッション情報を含むPCRFのセッションを復旧することができる。 Furthermore, due to the possible to be preserved session information between AF to PGW, even in environments where AF does not have a PCRF resume recovery function, and the PCRF sessions including the AF inter session information in support of PGW only It is possible to recover.

<実施形態5> <Embodiment 5>
次に、本発明の第5の実施形態を説明する。 Next, we will explain the fifth embodiment of the present invention. 本実施形態においては、同一のCC-セッションで管理されるデフォルトベアラ(default bearer)と、専用ベアラ(dedicated bearer)のうち、デフォルトベアラ(default bearer)と、特定の専用ベアラ(dedicated bearer)を救済(セッションを復旧)する。 In this embodiment, relief default bearer to be managed in the same CC- session (default bearer), among the dedicated bearer (dedicated bearer), the default bearer (default bearer), a specific dedicated bearers (dedicated bearer) We want to (recover the session). UEがinitial Attach(初期位置登録)でアンカーポイント(PGW)に接続すると、新たにベアラ(デフォルトベアラ)が作成される。 UE is to connect to the anchor point (PGW) in initial Attach (initial location registration), the bearer (default bearer) is newly created. UEは1つ(デフォルトベアラ)以上のベアラを持つことができる。 The UE may have one (Default Bearer) over the bearer. デフォルトベアラ以外のベアラを専用ベアラという。 That dedicated bearer to bearer other than the default bearer.

図13は、本実施形態におけるシーケンス動作を説明する図である。 Figure 13 is a view for explaining the sequence operation of the present embodiment. 図13において、ステップ1の処理A(UEからのAttach処理)は、図5の処理Aと同一であるため、説明を省略する。 In Figure 13, (Attach process of the UE) processing A in step 1 are the same as the processing A in Fig. 5, description thereof will be omitted.

2. 2. PGWからPCRFへのCC-Request(initial)を送信する。 It wants to send a CC-Request (initial) to the PCRF from PGW.

3. 3. PGWからCC-Requestを受けたPCRFは、デフォルトベアラ(default bearer)及び救済対象の専用ベアラ(dedicated bearer)に対して、救済フラグ(rescue flag)を真(true)を設定し、PCCコンテナを付加したCC-Answerを、PGWへ返信する。 PCRF receiving a CC-Request from PGW, for the default bearer (default bearer) and relieved dedicated bearer of (dedicated bearer), relief flag (rescue flag) set the True (true), adding the PCC container was the CC-Answer, it will reply to the PGW.

4. 4. PGWは、PCCコンテナ情報を保持する。 PGW holds the PCC container information.
5. 5. 処理B(ベアラ確立処理)は、 Processing B (bearer establishment treatment),
図5と同一である。 Is the same as FIG. ステップ5の処理Bでは、例えばUEのinitial Attach要求によるデフォルトベアラを確立する。 In the processing B of step 5, for example, we want to establish a default bearer by the UE of the initial Attach request.

6. 6. ベアラ確立後、IMS側でのVoIP発呼等を契機(確立トリガ)が発生する。 After the bearer establishment, triggered by the VoIP call or the like in the IMS side (established trigger) occurs.

7. 7. AFがPCRFへ、AA-Request(Authentication/Authorization Request)を送信する。 AF is to PCRF, it will send the AA-Request (Authentication / Authorization Request).

8. 8. AFからAA-Requestを受信したPCRFは、AFに対して、AA-Answerを返信する。 The PCRF has received the AA-Request from the AF, relative AF, returns the AA-Answer. この時、前記実施形態3と同様に、AA-Answerにおいて、PCCコンテナにPCCセッション情報を設定し、AFへ返信する。 In this case, similarly to the Embodiment 3, the AA-Answer, sets the PCC session information to the PCC container, and returns to the AF.

9. 9. PCCコンテナ付のAA-Answerを受けたAFは、PCCセッション情報を保持する。 AF that received the AA-Answer with a PCC container holds a PCC session information.

10. 10. その後、PCRFはPGWへ救済フラグ(rescue flag)=偽(false)を設定したRA-Requestを送信する。 Then, PCRF to send the RA-Request you set the relief flag (rescue flag) = false (false) to the PGW. 救済フラグ(rescue flag)=falseのRA-Requestを受信したPGWは、同一のCC-セッションのうち、該当専用ベアラ(dedicated bearer)は、非救済対象であるものと認識する。 Recognize PGW, which has received the relief flag (rescue flag) = false of RA-Request, the same CC- out of the session, the corresponding dedicated bearer (dedicated bearer) is assumed to be a non-relieved.

11. 11. PGWはRA-AnswerをPCRFに送る。 PGW sends a RA-Answer to the PCRF.

12. 12. その後、専用ベアラ(dedicated bearer)確立処理を継続するが、この処理は、前記実施形態3と同一であるため、説明を省略する。 Then, while continuing the dedicated bearer (dedicated bearer) establishment process, because the process is the same as the third embodiment, description thereof will be omitted.

13. 13. PCRFが再開する。 PCRF resumes.

14. 14. PCRFの再開を契機に、PGWは、PCCセッション情報復旧のため、PCCコンテナを設定したCC-Requestを、PCRFへ送信する。 In the wake of the resumption of the PCRF, PGW, because of the PCC session information restoration, the CC-Request that set the PCC container, to send to the PCRF.

15. 15. また、PCRF再開を契機に、AFセッションをPCRFへ復旧させるために、AFは、PCCコンテナを設定したAA-RequestをPCRFに送信する。 In addition, in the wake of the PCRF resume, in order to restore the AF session to PCRF, AF sends an AA-Request that set the PCC container to PCRF.

16. 16. PCCコンテナを設定したCC-Request、AA-Requestを受けたPCRFはPCCセッション情報を復旧させる。 CC-Request that set the PCC container, PCRF, which has received the AA-Request to recover PCC session information.

17. 17. PCRFはPGWにCC-Answerを送信する。 PCRF sends a CC-Answer to the PGW.

18. 18. PCRFはAFにAA-Answerを送信する。 PCRF to send the AA-Answer to AF.

19. 19. PGWは、再開したPCRFに関連するCC(Credit Control)-セッションのうち、救済フラグ(rescue flag)=偽(false)に設定されている専用ベアラ(dedicated bearer)に対して、切断処理を起動し、SGWに、ベアラ削除要求(Delete Bearer Request)を送信する。 The PGW, CC (Control Credit) relating to the PCRF that was resumed - in the session, for the relief flag (rescue flag) = False dedicated bearer is set to (false) (dedicated bearer), starts the disconnection process , the SGW, send delete bearer request the (Delete Bearer Request).

20. 20. SGWはMMEにベアラ削除要求(Delete Bearer Request)を送信する。 SGW to send bearer deletion request (Delete Bearer Request) to the MME.

21. Twenty one. MMEはeNBにベアラ非活性化要求(Deactivate Bearer Request)を送信する。 MME sends the bearer deactivation request (Deactivate Bearer Request) to the eNB.

22. Twenty two. eNBはUEに、RRC(Radio Resource Connection) Connection Reconfigurationメッセージを送信する。 eNB to the UE, and sends the RRC (Radio Resource Connection) Connection Reconfiguration message.

23. Twenty three. UEはRRC Connection Reconfiguration CompleteメッセージをeNBに返信する。 UE returns an RRC Connection Reconfiguration Complete message to the eNB.

24. Twenty four. eNBはMMEにベアラ非活性化応答(Deactivate Bearer Response)を返信する。 eNB to reply bearer non-activation response (Deactivate Bearer Response) to the MME.

25. Twenty five. MMEはSGWにベアラ削除応答(Delete Bearer Response)を送信する。 MME sends the bearer deletion response (Delete Bearer Response) to the SGW.

26. 26. SGWはPGWにベアラ削除応答(Delete Bearer Response)を送信する。 SGW sends a bearer deletion response (Delete Bearer Response) to the PGW.

上記動作の救済フラグ(rescue flag)による通知は、PCRFがPGWへのCC-AnswerへPCCコンテナの設定有無により暗黙的に通知するようにしてもよい。 Notification by the repair flag of the above-described operation (rescue flag) may be notified implicitly by setting the presence or absence of the CC-Answer to PCC container of PCRF is to PGW.

本実施形態は、前記実施形態1の作用効果に加え、以下の効果を奏する。 This embodiment, in addition to the effects of Embodiment 1, the following effects.

救済フラグ(rescue flag)を導入することにより、同一のCC-セッション内で復旧対象とするベアラを明示し、デフォルトベアラを復旧させる、といった制御が可能となる。 By introducing the repair flags (rescue flag), is clearly a bearer for the recovery target in the same CC- the session, to restore the default bearer, the control becomes possible such.

また、PGWで保持するPCCセッション情報を制限することが可能となり、PGWへの影響を抑えることが出来る。 Also, it is possible to limit the PCC session information held in PGW, it is possible to suppress the influence of the PGW.

<実施形態6> <Embodiment 6>
次に、本発明の第6の実施形態を説明する。 Next, we will explain the sixth embodiment of the present invention. 図14は、本発明の第6の実施形態の構成を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing a configuration of a sixth embodiment of the present invention. 図14を参照すると、図10の構成に対してDRA121が追加されている。 Referring to Figure 14, DRA121 is added to the configuration of FIG. DRA121は、PCRFクライアントからのアクセスを受け転送先PCRFを解決する機能を持つノードであり、PCRFクライアント(SGW、PGW、AF)とPCRFとの間に位置する。 DRA121 is a node having a function to solve the destination PCRF receives an access from the PCRF the client is located between the PCRF client (SGW, PGW, AF) and the PCRF. DiameterシグナリングメッセージはDRAを透過的に通過する。 Diameter signaling messages to transparently pass through the DRA.

図15は、本実施形態の動作を説明する図である。 Figure 15 is a diagram for explaining the operation of this embodiment. 図15を参照して、本実施形態の動作を説明する。 Referring to Figure 15, the operation of this embodiment.

1. 1. セッション確立等のイベントトリガが発生したとする。 It will be an event trigger session establishment or the like occurs.

2. 2. イベントトリガを受けたPGWは、DRAへCC(Credit Control)-Request(initial)を送信する。 PGW, which has received an event trigger, sending a CC (Credit Control) -Request (initial) to the DRA.

3. 3. PGWからCC-Requestを受けたDRAは、転送先のPCRFを決定し、CC-Request(initial)を転送する。 DRA receiving the CC-Request from the PGW determines the destination PCRF, and transfers the CC-Request (initial).

4. 4. CC-Request(initial)を受けたPCRFは、PCCセッション情報コンテナを設定したCC-Answer(PCC container)をDRAへ返信する。 PCRF receiving a CC-Request (initial) sends back CC-Answer that set the PCC session information containers (PCC container) to the DRA.

5. 5. CC-Answer(PCC container)を受けたDRAは、CC-Answer(PCC container)をPGWへ転送する。 DRA, which has received a CC-Answer (PCC container) transfers CC-Answer the (PCC container) to the PGW. CC-Answer(PCC container)を受けたPGWはPCCセッション情報コンテナを保持する。 PGW receiving the CC-Answer (PCC container) holding the PCC session information container.

6. 6. その後、PCRFの再開が発生する。 Then, PCRF of resumption occurs. PGWは、直接、PCRFの再開を直接検出することは出来ず、DRAのみがPCRFの再開を検出することができる。 PGW directly, it is not possible to detect the resuming of the PCRF directly, can only DRA detects the resumption of the PCRF.

7. 7. PCRFの再開を検出したDRAが、PGWに対して、PCRF再開通知を送信する。 DRA that detects the resumption of the PCRF for PGW, sends a PCRF resume notifications.

8. 8. PCRF再開通知を受けたPGWは、PCCセッション情報を復旧させるため、PCCセッション情報コンテナを設定したCC-Request(PCC container)をDRAに送信する。 PGW that received PCRF resume notification, in order to recover the PCC session information and sends to set the PCC session information container CC-Request the (PCC container) to the DRA.

9. 9. PCCセッション情報コンテナを設定したCC-Request(PCC container)を受けたDRAは、PCRFへCC-Request(PCC container)を転送する。 PCC DRA, which has received the session information container CC-Request that set the (PCC container) transfers the CC-Request (PCC container) to the PCRF.

10. 10. PCCコンテナが設定されたCC-Request(PCC container)を受信したPCRFは、PCCセッション情報を復旧させ、CC-AnswerをDRAへ返信する。 PCRF that PCC container has received the set CC-Request (PCC container) is allowed to recover PCC session information and returns the CC-Answer to the DRA. CC-AnswerはPCCセッション情報復旧の成功等の指示を含む。 CC-Answer include an indication of success such as PCC session information restoration.

11. 11. DRAはCC-AnswerをPGWへ転送する。 DRA to transfer the CC-Answer to the PGW.

上記では、再開が発生したPCRFへ、DRAがPCCコンテナを設定したCC-Requestを転送するシーケンスを例示した。 In the above, the PCRF that resumption occurs, exemplified a sequence DRA transfers the CC-Request for which the PCC container. 本実施形態においては、複数のPCRFを備え、1つのPCRFの再開を契機に、DRAがサービスの停止していないPCRFを使用することでサービスを継続させる場合、再開が発生したPCRFとは異なるPCRFに対して、DRAが転送するようにしてもよい。 In this embodiment, a plurality of PCRF, the opportunity to resume one PCRF, if the DRA is to continue the service by using the PCRF that does not stop the service, different from the PCRF that resumption has occurred PCRF respect, DRA may be transferred. この場合、CC-Request(PCCコンテナ)を送信したPGWは、CC-Answerを受信した際に、PCRFの変更を検出し、新たなPCRFとセッションを復旧できる。 In this case, PGW sending the CC-Request (PCC containers), when it receives a CC-Answer, detects changes in the PCRF, to restore the new PCRF and the session. PGWは、新たなPCRFに対して、該PGWで保持していたPCCセッション情報を送信し、該新たなPCRFにおいてセッション情報の復旧が行われる。 The PGW, for a new PCRF, and sends the PCC session information that has been held by the PGW, the session information recovery is performed in the Na was 該新 PCRF.

以上説明したように、本実施形態においては、前記実施形態1の作用効果に加え、以下のような作用効果を奏する。 As described above, in the present embodiment, in addition to the effects of Embodiment 1, it can achieve the following operational effects.

複数のPCRFが配設され、DRAがPCRFを選択する環境において、再開の発生したPCRFと異なるPCRFへセッション情報を復旧させることが可能となるので、再開PCRFの復旧を待つ必要がなく、サービス停止時間を短くすることが出来る。 Multiple PCRF is disposed, in an environment where DRA selects the PCRF, because becomes possible to recover the session information to a different and PCRF generated resume PCRF, it is not necessary to wait for the restoration resume PCRF, service outages time can be shortened.

なお、上記実施形態1乃至6の任意の実施形態を組み合わせた構成としてもよいことは勿論である。 Incidentally, it may be a structure in which a combination of any of the embodiments of the above embodiments 1 to 6 as a matter of course.

なお、上記非特許文献の各開示を、本書に引用をもって繰り込むものとする。 Incidentally, the respective disclosures of the above non-patent document, it is assumed to be incorporated by reference herein. 本発明の全開示(請求の範囲を含む)の枠内において、さらにその基本的技術思想に基づいて、実施形態ないし実施例の変更・調整が可能である。 Within the bounds of the entire disclosure of the present invention (including the claims), and based on the basic technical concept are possible changes and adjustments of embodiments and examples. また、本発明の請求の範囲の枠内において種々の開示要素の多様な組み合わせないし選択が可能である。 In addition, it should be noted that a variety of combinations and selections of various disclosed elements within the scope of the claims of the present invention. すなわち、本発明は、請求の範囲を含む全開示、技術的思想にしたがって当業者であればなし得るであろう各種変形、修正を含むことは勿論である。 That is, the present invention, the entire disclosure including the claims, various types could be made by the skilled artisan in accordance with the technical concept deformation may include modifications of course.

上記実施形態の一部又は全部は以下のようにも記載され得るが、以下には限られない。 Some or all of the above embodiments can be also described as follows, but is not limited to the following.
(付記1) (Note 1)
QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)ポリシーを管理するPCRF(Policy and Charging Rules Function)ノードと、 And the PCRF (Policy and Charging Rules Function) node to manage the QoS (Quality Of Service) and charging (Charging) policy,
前記PCRFノードのクライアントをなす1つ又は複数のPCRFクライアントノードと、 And one or more PCRF nodes clients constituting a client of the PCRF node,
を含み、 It includes,
前記PCRFノードが、PCC(Policy and Charging Control)セッション情報を少なくとも1つの前記PCRFクライアントノードに送信し、 The PCRF node sends PCC to (Policy and Charging Control) session information on at least one of the PCRF client node,
前記PCRFノードから前記PCCセッション情報を受信した前記PCRFクライアントノードは前記PCCセッション情報を保持し、 The PCRF client node receiving the PCC session information from the PCRF node holding the PCC session information,
前記PCRF再開後、前記PCRFクライアントノードから前記PCRFノードへ前記PCCセッション情報を送信し、 After the PCRF resumed sends the PCC session information from the PCRF the client node to the PCRF node,
前記PCRFノードは前記PCRFクライアントノードから前記PCCセッション情報を受信しPCCセッションの復旧を行うことを特徴とする復旧方法(装置、システム)。 The PCRF node recovery method which is characterized by carrying out the restoration of the PCC session receives the PCC session information from the PCRF the client node (device system).

(付記2) (Note 2)
前記PCRFクライアントノードは、端末からのアタッチ手順に対応して、前記PCRFクライアントノードが前記PCRFノードに対して送信するリクエストメッセージに、前記PCRFクライアントノードがセッション情報復旧機能を具備していることを設定する、ことを特徴とする付記1記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF client node, in response to the attach procedure from the terminal, the request message to the PCRF client node sends to the PCRF node set that the PCRF client node is provided with a session information recovery capabilities you, note 1 method of restoration, wherein the (equipment, system).

(付記3) (Note 3)
前記PCRFクライアントノードから前記リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードに対して、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)規則を含むPCCセッション情報を、前記リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする付記2記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF the PCRF node receiving the request message from the client node to the PCRF client node, QoS and (Quality Of Service) and PCC session information including accounting (Charging) rules, the answer message to the request message The addition to sending, note 2 recovery method wherein the (device system).

(付記4) (Note 4)
前記PCRF再開の後、前記PCRFクライアントノードは、1つのメッセージに、複数の前記PCCセッション情報を含めて前記PCRFノードに送信する、ことを特徴とする付記1乃至3のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 After the PCRF resumption, the PCRF client node, the one message recovery according to a plurality of said PCC, including session information to be sent to the PCRF node, any one of the appended 1 to 3, characterized in that method (equipment, system).

(付記5) (Appendix 5)
前記PCRFノードは、優先的に復旧対象とされるセッションに対応するPCRFクライアントノードに対してPCCセッション情報を送信する、ことを特徴とする付記1乃至4のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF node is preferentially transmitting the PCC session information to the PCRF client node corresponding to the sessions with the recovery target, a method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (equipment , system).

(付記6) (Appendix 6)
前記PCRFクライアントノードから前記リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、 The PCRF node receiving the request message from the PCRF client node,
加入者情報を管理するサーバから、前記アタッチ要求を行った端末の加入者プロファイル情報を取得し、優先ユーザであるか否かを判定し、前記優先ユーザである場合、前記PCRFクライアントノードに対して、前記PCCセッション情報を、前記リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信し、前記優先ユーザでない場合、前記PCRFクライアントノードに対して、前記PCCセッション情報を送信しない、ことを特徴とする付記2記載の復旧方法(装置、システム)。 From a server that manages subscriber information, acquires the subscriber profile information of the terminal that made the attach request, determines whether a priority user, if the a priority user, to the PCRF client node , the PCC session information, is transmitted by adding the answer message to the request message, if the non-preferred user, to the PCRF the client node, the PCC does not send the session information, note 2, wherein the method of restoration (equipment, system).

(付記7) (Appendix 7)
前記PCCセッション情報を保持し、前記PCRFにPCCセッション情報を送信する前記PCRFクライアントノードは、 And holding the PCC session information, the PCRF client node sending a PCC session information to the PCRF, the
PCEF(Policy and Charging Enforcement Function)を有するノードであるパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)、 PCEF (Policy and Charging Enforcement Function) is a node having a packet data network gateway (PGW),
BBERF(Bearer Binding and Event Reporting Function)を有するノードであるサービング・ゲートウェイ(SGW)、 BBERF (Bearer Binding and Event Reporting Function) is a node with a serving gateway (SGW),
AF(Application Function)を有するアプリケーション・ファンクション の各ノードのうちの少なくとも1つを含む、ことを特徴とする付記1乃至6のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 AF (Application Function) comprises at least one of the nodes of the application function that has a method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記8) (Note 8)
前記PCRFクライアントノードは、PCEF(Policy and Charging Enforcement Function)を有するノードであるパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)を含み、 The PCRF client node includes a PCEF (Policy and Charging Enforcement Function) is a node having a packet data network gateway (PGW),
端末(UE)からのアタッチ要求に対応して、モビリティ管理エンティティティ(MME)からのセッション作成リクエストメッセージを、サービング・ゲートウェイ(SGW)経由で受けたパケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)が、前記PCRFノードに対して送信するクレジット・コントロール・リクエストメッセージに、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)がセッション情報復旧機能を具備していることを設定し、 In response to the attach request from the terminal (UE), a session creation request message from a mobility management entity tee (MME), serving gateway (SGW) packet data network gateway received via (PGW) is, the credit control request message to be sent to the PCRF node, the packet data network gateway (PGW) is set that comprises a session information recovery capabilities,
前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)から前記クレジット・コントロール・リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)に対して、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)規則を含むPCCセッション情報を、前記コントロール・リクエストメッセージに対するアンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする付記1乃至5のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF node receiving said credit control request message from the packet data network gateway (PGW) is to the packet data network gateway (PGW), QoS (Quality Of Service) and charging The PCC session information including (Charging) rules, wherein the control request is sent with the answer message to the message, the method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記9) (Note 9)
前記PCRFクライアントノードは、 The PCRF client node,
AF(Application Function)を有するアプリケーション・ファンクションを含み、 Includes an application function with the AF (Application Function),
ベアラ確立後の所定のトリガが、前記アプリケーション・ファンクションノードに発生すると、前記アプリケーション・ファンクションノードは、前記アプリケーション・ファンクションノードが前記PCRFノードに対して送信する認証(Authentication)/認可(Authorization)リクエストメッセージに、前記アプリケーション・ファンクションノードがセッション情報復旧機能を具備していることを設定し、 Predetermined trigger after bearer establishment, and generated in the application function node, the application function node, authentication (Authentication) / authorization (Authorization) request message to the application function node sends to the PCRF node the sets that said application function node is equipped with session information recovery capabilities,
前記アプリケーション・ファンクションノードから前記認証/認可リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記アプリケーション・ファンクションノードに対して、QoS(Quality Of Service)及び課金(Charging)規則を含むPCCセッション情報を、前記認証/認可リクエストメッセージに対する認証/認可アンサーメッセージに付加して送信する、ことを特徴とする付記1乃至5のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF node that has received the authentication / authorization request message from the application function node to said application function node, the PCC session information including a QoS (Quality Of Service) and charging (Charging) rules, wherein the authentication / is transmitted by adding the authentication / authorization answer message for the authorization request message, the method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記10) (Appendix 10)
前記アプリケーション・ファンクションノードがセッション情報復旧機能を具備していない場合、前記アプリケーション・ファンクションノードが前記PCRFノードに対して送信する認証(Authentication)/認可(Authorization)リクエストメッセージに、前記アプリケーション・ファンクションノードがセッション情報復旧機能を具備していないことを設定し、前記アプリケーション・ファンクションノードから前記認証/認可リクエストメッセージを受信した前記PCRFノードは、前記アプリケーション・ファンクションのセッション情報を、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)に送信し、PCRF再開後、前記PCRFノードは、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)から送信されたセッション情報を受信してPCCセッションを復旧し、前記パケット・データ・ネットワーク・ゲートウェイ(PGW)と前記PCRFノード間のセッション、及び/又は、前記アプリケーション・ファンクションノードと前記PCRFノード間のセッションを復旧させる、ことを特徴とする付記7又は8記載の復旧方法(装置、システム)。 If the application function node does not have a session information recovery capabilities, authentication (Authentication) / authorization (Authorization) request message to said application function node transmits to the PCRF node, said application function node Set that does not have a session information recovery capability, the PCRF node that has received the authentication / authorization request message from the application function node, the session information of the application function, the packet data network send to the gateway (PGW), after PCRF resumed, the PCRF node is to recover PCC session receives the session information transmitted from the packet data network gateway (PGW), wherein the packet data network Gateway (PGW) session between the PCRF nodes, and / or the application function node and to recover the session between the PCRF nodes, appendix 7 or 8 Method for recovery, wherein a (apparatus, system ).

(付記11) (Appendix 11)
前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードに送信するリクエストメッセージに、専用ベアラの救済の真偽を指定する救済フラグを設定し、 The PCRF node, the request message to be transmitted to the PCRF client node, set the relief flag that specifies the authenticity of relief of dedicated bearer,
前記PCRFの再開により、 The resumption of the PCRF,
前記PCRFノードは、前記PCRFクライアントノードに保持されるセッション情報を受けとり、 The PCRF node receives the session information held in the PCRF client node,
再開した前記PCRFに関連するセッションのうち、デフォルトベアラと、前記救済フラグが真に設定されている専用ベアラのセッション情報を復旧し、救済フラグが偽に設定されている専用ベアラに対して切断処理を起動する、ことを特徴とする付記1乃至5のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 Among the sessions associated with it resumed the PCRF, and the default bearer, the rescue flag to recover the dedicated bearer session information that has been set to true, the cutting process on the dedicated bearer repair flag is set to false Start the method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記12) (Note 12)
前記PCRFクライアントノードは、前記PCRFの再開を検出し、前記PCRFクライアントノードは、前記PCRFノードへのリクエストメッセージに前記PCCセッション情報を付加して送信する、ことを特徴とする付記1乃至6のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF client node detects the resumption of the PCRF, the PCRF client node, wherein it is added to the PCC session information request message to the PCRF node is transmitted, any appendices 1 to 6, characterized in that method of recovery according to whether (a device, system).

(付記13) (Appendix 13)
前記PCRFクライアントノードと、前記PCRFノードとの間に、ルーティングの管理を行うルーティング部を備え、 With the PCRF the client node, between the PCRF node, and a routing unit for managing the routing,
前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を、前記ルーティング部を介して前記PCRFクライアントノードに送信し、 The PCRF node sends the PCC session information, the PCRF client node via said routing unit,
前記ルーティング部は、前記PCRFノードの再開を検出すると、前記PCRFクライアントノードに通知し、 The routing unit, when detecting the resumption of the PCRF node notifies the PCRF client node,
前記PCRFクライアントノードは、前記ルーティング部からの前記PCRFノードの再開の通知に応答して、前記PCCセッション情報を付加したメッセージを、前記ルーティン部を介して、前記再開の発生した前記PCRFノードに送信する、ことを特徴とする付記1乃至6のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF client node, in response to resumption of notification of the PCRF node from the routing unit sends a message by adding the PCC session information, via the routine part, the PCRF node that generated the resumption and, a method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記14) (Appendix 14)
前記PCRFクライアントノードと、前記PCRFノード及び少なくとも1つの他のPCRFノードとの間に、ルーティングの管理を行うルーティング部を備え、 With the PCRF the client node, between the PCRF node and at least one other of the PCRF node, and a routing unit for managing the routing,
前記PCRFノードは、前記PCCセッション情報を、前記ルーティング部を介して前記PCRFクライアントノードに送信し、 The PCRF node sends the PCC session information, the PCRF client node via said routing unit,
前記ルーティング部は、前記PCRFノードの再開を検出すると、前記PCRFクライアントノードに通知し、 The routing unit, when detecting the resumption of the PCRF node notifies the PCRF client node,
前記PCRFクライアントノードは、前記ルーティング部からの前記PCRFノードの再開の通知に応答して、前記PCCセッション情報を付加したメッセージを前記ルーティン部に送信し、 The PCRF client node, in response to the notification of the resumption the PCRF node from the routing unit, sends a message added with the PCC session information to the routing unit,
前記ルーティン部は、前記PCRFクライアントノードから送信された前記PCCセッション情報を付加したメッセージを、前記再開の発生した前記PCRFノードとは異なる前記他のPCRFノードに転送し、前記他のPCRFノードがPCCセッションを復旧する、ことを特徴とする付記1乃至6のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The routine unit, a message obtained by adding the PCC session information transmitted from the PCRF the client node, the resumption of the generated the PCRF node forwards to a different said other PCRF nodes and the other of the PCRF nodes PCC To recover the session, the method of recovery according to any one of Supplementary Note 1, wherein the (device system).

(付記15) (Appendix 15)
前記PCRFノードは、PCCセッション情報を格納するAVP(Attribute Value Pair)からなるコンテナ(container)をアンサーメッセージに付加し前記PCRFクライアントノードに送信する、ことを特徴とする付記1乃至14のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 The PCRF node is a container (container) made of AVP to store the PCC session information (Attribute Value Pair) was added to the answer message and sends it to the PCRF client node, or appendices 1 to 14, characterized in that one method of recovery described in (a device, system).

(付記16) (Note 16)
前記PCRFクライアントノードにおいて、前記コンテナの内容の解釈は不要とされ、透過的に、受信、記憶保持、及び、前記PCRFノードの送信を行う、ことを特徴とする付記15のいずれか一に記載の復旧方法(装置、システム)。 In the PCRF the client node, the interpretation of the content of the container is not necessary, transparently, reception, memory retention, and the PCRF performs transmission node according to any one of Supplementary Note 15, characterized in that recovery method (apparatus, system).

1、2 UE 1,2 UE
11 eNODEB 11 eNODEB
21 NODEB 21 NODEB
31 RNC 31 RNC
41 MME 41 MME
51 SGSN 51 SGSN
61、62 SGW 61,62 SGW
71、72 PGW 71,72 PGW
81 PCRF 81 PCRF
91 サービスネットワーク 101 HSS 91 service network 101 HSS
111 AF 111 AF
121 DRA 121 DRA

Non-Patent Citations
Reference
1 *'3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Core Network and Terminals; Study on PCRF failure and restoration' 3GPP TR 29.816, V0.3.0, 3GPP November 2009,
Classifications
International ClassificationH04W24/04, H04W92/24
Cooperative ClassificationH04W76/028, H04W4/24, H04W28/04, H04W48/08, H04M15/00, H04M15/66
European ClassificationH04M15/00, H04W4/24, H04M15/66
Legal Events
DateCodeEventDescription
Mar 6, 2013122Ep: pct app. not ent. europ. phase
Ref document number: 11742266
Country of ref document: EP
Kind code of ref document: A1
Dec 7, 2012NENPNon-entry into the national phase in:
Ref country code: JP
Aug 10, 2012NENPNon-entry into the national phase in:
Ref country code: DE
Oct 5, 2011121Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
Ref document number: 11742266
Country of ref document: EP
Kind code of ref document: A1