機能

販売促進を目指す場合でも、新たな顧客を獲得したい場合でも、Google アナリティクスなら目標達成に必要な機能を提供できます。

データの計測と
管理

Google アナリティクスのデータ計測、管理機能によって、正確でカスタマイズ可能な統合された顧客の情報を組織全体で共有することができます。

すべて展開する すべて閉じる
  • Collection API と Configuration API

    Google の Collection API と Configuration API は、データの収集方法やアカウントの管理方法のカスタマイズ、拡張に便利です。Collection API と SDK を使えば、ユーザーによるコンテンツやマーケティング要素の利用状況を、任意のデバイスやプラットフォームで測定できます。また Configuration API を活用し、Google アナリティクス アカウントを柔軟かつプログラマティックに管理する方法を模索、構築することができます。

  • デバイスをまたがるデータ

    いまはマルチスクリーン、マルチデバイスの時代です。Google アナリティクスの Measurement Protocol はウェブやアプリの枠を超えた様々なデータを計測対象としており、オフラインのコンバージョンとオンラインの行動を結び付けます。

  • イベント トラッキング

    実際のところ、お客様のウェブページやモバイルアプリをユーザーはどのように利用しているのでしょうか。イベント トラッキングを使用すれば、ダウンロード、動画の視聴、モバイル広告のクリックといった操作を測定できます。

  • ユーザー権限

    ユーザー権限を使って、Google アナリティクス アカウントのさまざまなユーザーに適切なレベルのアクセス権を付与できます。アカウント全体を管理するユーザーと、表示と分析だけのユーザーを選別することが可能です。

データの統合

Google では、データの整合性の維持、プロセスの効率化、各種データソースのシームレスな連携を実現する統合されたソリューションを提供しています。

すべて展開する すべて閉じる
  • データ インポート

    Google アナリティクスのデータ インポートを使うと、すべてのデータを 1 か所に集めることができます。この機能を使用して CRM、コンテンツ管理やその他のシステムのデータを Google アナリティクス アカウントのデータに統合すれば、より高度で迅速なデータ分析の実現が可能です。費用、ユーザー、キャンペーン、コンテンツ、商品、払い戻し、カスタムデータなどのデータタイプに対応し、UI や API を通じたアップロードも可能です。

  • サービスの統合

    Google アナリティクスは、多くの Google サービスやサードパーティの技術と統合できます。たとえば、次のようなサービスに対応しています。

    AdWords
    AdWords のデータを Google アナリティクスにシームレスに読み込むことで、広告をクリックしたユーザーの行動を確認できます。これにより、広告やキャンペーンの成果を詳しく把握することが可能です。

    AdSense
    サイト運営者やブロガーは、AdSense を利用して、ウェブサイト、モバイルサイト、サイト内検索の結果に掲載された広告から収益を得ることができます。Google アナリティクスに AdSense のデータを読み込めば、広告の最適な掲載場所を特定できます。

    Google ディスプレイ ネットワーク
    Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)と統合すると、AdWords を利用してキャンペーンを作成、管理し、成果を計測できます。アカウントをリンクすれば、GDN のデータを Google アナリティクスで確認し、Google アナリティクスのリマーケティング リストを GDN アカウントと共有することもできます。

データの分析と
レポートの作成

レポートにセグメントとフィルタを適用して、ビジネスのニーズを反映できます。リアルタイムのビューでは、人気のある新規コンテンツ、その日の新しいプロモーションでサイトに誘導されたトラフィックの量、優れた結果につながったツイートやブログ投稿を確認できます。

すべて展開する すべて閉じる
  • 集客レポート

    Google アナリティクスが提供する広告、キャンペーン、トラフィックの詳しいレポートにより、モバイルとパソコンを含めた総合的なユーザー獲得状況を把握できます。

  • ユーザー レポート

    ユーザーに焦点を当てた分析: 使用しているデバイスやオペレーティング システムの種類だけでなく、ユーザーの分布、インタレスト カテゴリ、言語と地域、業種別ベンチマークも確認できます。また、Google アナリティクスの 200 以上のディメンションや指標を使用し、ビジネスの内容に合わせてユーザーリストを定義することもできます。

  • ベンチマーク レポート

    ベンチマーク レポートで、社内のデータと業界全体の集約データを比較できます。業界の現状がわかる有益なデータの取得、トレンドの分析情報の入手、業界における自社の立ち位置の把握が可能です。

  • コホート分析

    コホート分析でユーザーの継続率や価値を正確に把握することで、価値とロイヤルティの高い顧客の獲得に注力できます。

  • コンバージョン レポート

    売り上げ、ダウンロード数、動画の視聴回数、コンバージョン数を把握したり、ビジネスの目標を定義したりすることができます。目標に合わせてレポートをカスタマイズし、目標達成につながるユーザーの行動を見極めることもできます。

  • カスタム レポート

    数分で作成可能なカスタム レポートは共有も簡単です。このため、組織内の誰もが、ビジネスにとって本当に重要な指標をすぐに参照できます。簡単、迅速なカスタマイズを実現するドラッグ&ドロップ ウィジェットを使用し、特定のページに関する多くのレポートの概要情報をマイレポートにまとめて表示することもできます。

  • e コマース レポート

    e コマース レポートで、顧客の行動の把握、オンライン販売のシステムの改善、増収の促進が可能です。このレポートを見ることで、顧客の購入経路、商品への興味や関心の度合い、ショッピング キャンペーンの掲載結果を詳しく把握できます。拡張 e コマース レポートでは、ショッピング カートに商品を追加したものの購入には至らなかった顧客を特定することができます。

  • サイトの速度レポート

    読み込みに時間のかかるウェブサイトは不快なだけでなく、広告の掲載やランクにも影響します。サイトの速度レポートでサイトの読み込み時間を確認することで、時間のかかるページを手直しし、コンバージョンにかかる時間を短縮できます。

  • サイト レポート

    サイトを最適化するには、まずユーザーの利用状況を把握する必要があります。ビジュアル フロー レポートなら、サイト上でユーザーが辿っている経路を把握、分析でき、ページ解析で各ページの詳しい利用状況を確認できます。ユーザーは目的の情報を見つけられないときに検索を行いますが、Google アナリティクスのサイト内検索レポートを使えば、ユーザーが求めている情報を把握し逸した商機を特定して、コンバージョンにかかる時間を短縮できます。

  • Reporting API

    Google の Reporting API を使用すると、Google アナリティクスからのレポートデータの取得方法を拡張し、テストもできます。この API では複雑なレポート作成作業を自動化して時間を節約することが可能で、ソリューションや視覚化ツールをカスタマイズしたり、Google アナリティクスのデータと社内のデータを統合して詳細分析を実施したりすることもできます。

データの有効活用

マーケティングの意思決定は賢く行いましょう。Google アナリティクスでは、データを効果的、効率的に活用してマーケティング キャンペーンを改善し、新しいチャネルやコンテンツもテストできます。

すべて展開する すべて閉じる
  • アラートとインテリジェンス

    Google アナリティクスではウェブサイトのトラフィックを監視し、データの大きな変動を検出するアラートの設定が可能です。徹底した監視により、特定の都市やキャンペーンでのトラフィックの急増など、見落とす可能性のある変化を確実に把握できます。

  • テスト

    推測に基づくウェブサイトの設計はリスクを伴います。ページは複数のパターンをテストし、コンバージョンを最も多く獲得できる設計はどれか確認してください。

  • リマーケティング

    サイトやアプリの利用状況に基づき、自社の商品やサービスに関心を持ちそうな見込み顧客や既存の顧客を見つけましょう。そうして見つけた顧客には、ウェブで関心を示した商品の関連広告を表示します。