menu
Earth(Chrome 向け)
ブラウザから世界を旅しよう。
Earth プロ(パソコン向け)
プロ仕様の高度なツール。
よくある質問
ウェブ
新しい Google Earth をウェブアプリにしたのはなぜですか?
従来のパソコン向け Earth を Windows や Mac、Linux で使用するには、Earth をダウンロードしてインストールする必要があります。ウェブアプリ(現時点では Chrome のみに対応)となった新しい Earth はダウンロードが不要で、Chromebook などのほとんどのパソコンで使用できます。また、ウェブアプリは Google 側で簡単に更新できるので、常に最新版をお使いいただけるメリットもあります。さらに、Google Earth での体験をシンプルなリンクから簡単に共有できます。
Chromebook や Chrome for Android、Chrome for iOS で使用できますか?
Chromebook では標準装備の Chrome を使って Earth を使用できます。Android と iOS の場合は、それぞれ Play ストアApp Store から Google Earth アプリをダウンロードしてインストールしてください。モバイル版の Chrome には対応していません。
ウェブ版が Chrome だけに対応しているのはなぜですか?
複数のプラットフォームに対応する Google の新しい 3D レンダリング エンジンは、現時点でネイティブ クライアントという Chrome 専用の技術を使うことでウェブ版の Earth を実現しています。その一方で Google は Edge、Firefox、Safari といった他の主要なブラウザへの対応を可能にする技術として、WebAssembly(特にスレッド機能)の動向にも注目しています。続報にご期待ください。
モバイル
新しい Google Earth はどのスマートフォンやバージョンで使用できますか?
新しい Google Earth は Android 4.1(Jellybean)以降に対応しています。快適にお使いいただくには、Android 4.4(Kitkat)以降を搭載したスマートフォンやタブレットをご利用ください。iOS の場合は、バージョン 9 以降に対応しています。なるべく新しいスマートフォンやタブレットの方が、よりスムーズにご利用いただけます。
古いタイプの Android 搭載端末で、一部の Voyager コンテンツが正しく表示されないのはなぜですか?
古い端末は HTML5 や CSS に完全には対応していないため、Android 4.1~4.3(Jellybean)では Voyager ストーリーが正しく表示されない場合があります。
全般
(過去のイメージや測定ツールなど)従来のパソコン向け Earth でよく使っていた機能はどこにありますか?
Google Earth を最初から作り直すにあたり、まずは地球を探索し学習するために欠かせない機能から取りかかることにしました。具体的には Voyager、情報カードと I’m Feeling Lucky です。従来のパソコン向け Earth と比べて足りない機能があるかもしれませんが、そうした機能の再設計に優先的に取り組んでいます。足りない機能については、移行が完了するまでは従来のパソコン向け Earth からご利用ください。
従来のパソコン向け Earth は今後どうなりますか?
新しい Google Earth はまだ、従来のパソコン向け Earth で多くの方に長くご利用いただいている機能のすべてを提供できる状態になっていません。そうした主要な機能の新バージョンへの移行が完了するまでは、従来のバージョンを引き続きご利用いただくことができます。
新しい Google Earth で KML ファイルが正しく処理されないのはなぜですか?
サイズの大きくない KML ファイルやシンプルな機能のほとんどは、新しい Google Earth でもすでに問題なく使用できます。もっと高度な機能にも対応するよう取り組んでいますが、それまでは従来のパソコン向け Earth を引き続きご利用ください。詳細
Google Earth、より良い世界のために
世界を変えたい、その情熱を Google がサポートします。