Google マップ / Google Earth 追加利用規約

最終更新日: 2015 年 12 月 17 日

Google マップおよび Google Earth(以下「Google マップ / Google Earth」)をご利用いただきありがとうございます。

Google マップ / Google Earth では、Google、そのライセンサー、およびそのユーザーによって提供される、地図と地形データ、画像、ビジネス リスティング、交通状況、クチコミ、およびその他の関連情報などさまざまなコンテンツ(以下「コンテンツ」)を表示したり使用したりすることができます。

Google マップ / Google Earth にアクセス、Google マップ / Google Earth のアプリをダウンロードまたは使用することで、次に同意したものとします。

  1. Google 利用規約(以下「共通利用規約」)、
  2. Google マップ / Google Earth 追加規約(以下、「マップ / Earth 追加規約」)、
  3. Google マップ / Google Earth 法的通知(以下「法的通知」)、および
  4. Google プライバシー ポリシー(以下「プライバシー ポリシー」)。

これら 4 つの文書を注意深くお読みください。まずは共通利用規約をお読みください。共通利用規約では、アップロードしたコンテンツの知的所有権、および Google コンテンツや第三者のコンテンツの使用または運転中の Google マップ / Google Earth の使用におけるお客様の責任などについて明らかにしています。

共通規約、マップ / Earth の追加規約、法的通知、およびプライバシー ポリシーを「契約」と総称します。この契約は、Google マップ / Google Earth の使用に関して、お客様と Google 間で法的拘束力を持ちます。

  1. ライセンス。本契約の規約を条件として、Google は Google マップ / Google Earth の使用に関して非排他的で譲渡不可のライセンスをお客様に付与します。Google マップ / Google Earth の使用には以下の行為も含まれます。

    1. 地図の表示と注釈、

    2. KML ファイルと地図のレイヤの作成、

    3. 適切な所有権を持つコンテンツのオンライン、動画形式、印刷形式における公開表示、および

    4. Google マップ、Google Earth、ストリートビューの使用許諾ページに記述されている行為。

  2. 禁止行為。Google マップ / Google Earth の使用時に次の行為は禁止されています(お客様の代理人が行うことも禁止されています)。

    1. Google マップ / Google Earth の一部を再配布または販売すること、Google マップ / Google Earth に基づいて新しい商品やサービスを作成すること(利用規約に従う Google マップ / Google Earth の API 使用を除く)、

    2. コンテンツをコピーすること(Google マップ、Google Earth、ストリートビューの使用許諾ページまたは「フェアユース」を含む知的所有権に適用される法律で許可されている場合を除く)、

    3. コンテンツを大量ダウンロードまたは一括フィードを作成すること(またはその行為を第三者に委託すること)、

    4. Google マップ / Google Earth を使用して地図関連の別のデータセット(地図やナビゲーションのデータセット、ビジネス リスティングのデータベース、メーリング リスト、テレマーケティング リストを含む)を、Google マップ / Google Earth に代わるまたはそれに類似するサービスで使用する目的で作成すること、

    5. Google マップ / Google Earth を第三者の商品やサービスで、またはリアルタイム ナビゲーションや自律的車両制御に関連して使用すること(Android Auto や Send to Car など Google が提供する機能を介する場合を除く)、

    6. Google マップ / Google Earth またはその関連ソフトウェアのソースコードのリバース エンジニアリングや抽出を行うこと(そのような制限が法律によって禁止されている範囲を除く)、

    7. Google 利用規約、それに含まれるリンクや注釈、または著作権、商標、その他の所有権についての記載を削除、隠ぺい、変更すること、または

    8. 第三者の権利(プライバシー権、パブリシティー権、知的所有権を含む)に対する不適切、違法な行為またはそれを侵害する行為。

  3. 実際の状況、危険の引き受け。Google マップ / Google Earth の地図データ、交通状況、経路などのコンテンツの使用時に、実際の状況が地図の検索結果やコンテンツと異なる場合があります。Google マップ / Google Earth の使用時には自己責任のもと、独自で判断するものとします。自身の行為とその結果についてはすべて自己責任とします。

  4. Google マップ / Google Earth でのお客様のコンテンツ。お客様が Google マップ / Google Earth を介してアップロード、提出、保存、送信、受信したコンテンツは、共通利用規約の対象となります。それには、「本サービス内のユーザーのコンテンツ」のセクションに記載されているライセンスも含まれます。ただし、お客様のデバイスにローカルに排他的に保存されており(ローカルに保存されている KML ファイルなど)、Google にアップロードまたは送信されていないコンテンツは、そのライセンスの対象とはなりません。

  5. 政府機関のユーザー。政府機関に代わって本サービスを利用する場合、次の規約が適用されます。

    1. 本サービスの政府機関による使用。共通利用規約の「事業者による本サービスの利用」のセクション全体が次に置き換えられます。

      「政府機関に代わって本サービスを使用している事業体は、次の規約に同意するものとします。該当する法律、規則、または特権や免責で認められている範囲で、その事業体は Google とその関連会社、役員、代理店、従業員を、本サービスの使用またはその利用規約違反に起因または関係する申し立て、法的措置、訴訟に関して補償および免責を与えるものとします。補償および免責されるものには、申し立て、損失、損害、判決、訴訟費用および法的費用に起因する債務または経費が含まれます。」

    2. 準拠法。

      1. アメリカ合衆国および欧州連合の市または州の政府機関の場合、共通利用規約の準拠法や訴訟原因発生地に関するセクションは適用されません。

      2. 米国連邦政府機関の場合、共通利用規約の準拠法や訴訟原因発生地に関するセクション全体が次に置き換えられます。

        「本契約は、アメリカ合衆国の法律に則って規定されるものとし、同法に基づいて(抵触法は適用せず)解釈、施行されます。連邦法で許可される範囲において、(A)適用される連邦法がない場合、カリフォルニア州法(カリフォルニア州の抵触法を除き)が適用され、(B)本契約または本サービスに起因または関連するあらゆる異議申し立ては、米国カリフォルニア州サンタクララ郡内の連邦裁判所でのみ扱うものとし、両当事者は当該裁判所の対人管轄権に同意するものとします。」

    3. アメリカ合衆国政府の制限付き権利。アメリカ合衆国連邦政府またはアメリカ合衆国連邦政府の代理機関による Google マップ / Google Earth へのアクセスまたはその使用はすべて、法的通知の「アメリカ合衆国政府の制限付き権利」セクションの対象となります。